方向キー(矢印キー)は「マウスを使わずPC・Excel仕事を速くする」の第一歩

はてなブックマーク - 方向キー(矢印キー)は「マウスを使わずPC・Excel仕事を速くする」の第一歩
LINEで送る
Pocket

↑↓→↓の方向キーを使うようにすると、マウスを使う機会が減ります。
まずは方向キーを使えるようにしましょう。
DSC05959

※自宅にて DSC-RX100M3

■スポンサードリンク

PC操作の物理的な問題をなくす

マウスを使わない操作。
キーボードだけで操作。

なぜ、こういったものが求められるのでしょう。

マウスを使っても仕事が早く終われば問題ありません。
マウスを光速で動かせれば問題ありません。

ただ、マウスを使うには、物理的な問題があります。

それは距離です。
効率化の世界で、距離だけはなんともできません。

アポの場所まであと1km。
これを限界まで縮めても限界があります。
全力で走ったら4分でいけるかもしれませんが、信号や障害物、階段があるともっとかかるでしょう。
車で行ったとしても、車に乗る時間、エンジンをかける時間などを含めると3分はかかるはずです。

瞬間移動やスタンド能力がないかぎり、この1kmを縮めることはできません。

同様に、PCの操作でも、この距離の問題はあります。

通常の右手に位置から、マウスまでは距離があります。
方向キーまでの距離と比べると、明らかに差があるものです。
EX IT

マウスを使っても方向キーを使ってもそうそう時間がかわらないとしても、明らかに距離の分は差があり、マウスの場合はさらにロスがあります。

マウスに手を置き

カーソルをみつけ

カーソルを動かし

カーソルを合わせる

という動作が必要です。

マウスを使わずに、方向キーを使った方が、確実に時間を短縮できます。

方向キーはPC・Excelショートカットキーの第一歩

ショートカットキー。
キーボードでPCの操作をする第一歩は、この方向キーです。

・1つのキーで動かせる(ショートカットキーは1〜4つのキーを同時に押すものが多い)
・覚えやすい(上下左右に動かすだけ)
という特徴があります。

方向キーを使えば、マウスを使う頻度が減り、ショートカットキーにもなじみやすくなるのです。

是非使ってみましょう。

方向キーと他のキーを組み合わせると様々なことができます。

Excel・PCでの方向キーの8つの使いどころ

方向キーの使いどころには次のようなものがあります。

1 ↑↓←→(Excel)

上下左右にカーソルを移動でき、押しっぱなしだと、連続で動かせます。

2 Ctrl+↑↓←→(Excel)

Ctrlキーを押しながら方向キーを押すと、データの端まで瞬時に移動できます。
データに空白があるとそこでとまってしまうので、Excelではムダに空白を作らないようにしましょう。

Ctrl+↓を押したとき、データがなければ、Excelの一番下の行、1,048,576行目に移動し、Ctrl+↑で、データのある10,196行目、Ctrl+↑を再度押すと、1行目に移動できます。

さらに、Ctrl+→で、データのあるD列まで瞬時に移動できます。

2016-09-30-at-9-03

3 Shift+↑↓←→(Excel)

Shiftを押しながら方向キーを押すと、選択している範囲を増やしたり減らしたりすることができます。
マウスでビーと選択するよりも早く確実です。

2016-09-30-at-9-05

4 Ctrl+Shift+↑↓←→(Excel)

CtrlとShiftを押しながら、方向キーを押すと、データの端まで一気に選択できます。
選択しすぎた場合は、Shiftを押しながら方向キーで微調整可能です。

2016-09-30-at-9-07

5 「=」のあとに↑↓←→(Excel)

数式に入力にも方向キーが使えます。
「=」のあとに、↑を押すと上のセル、左を押すと、左のセルを選択でき、マウスよりも速いです。
2016-09-30-at-9-10

6 Windowsキー+↑↓←→(Windows)

Windowsで、Windowsキーと方向キーを押せば、ウィンドウを左寄せや右寄せにできます。
ソフトを並べかえるとき、大きいディスプレイを使うときに便利です。
2016-09-30-at-9-12

※Excelで開いているウィンドウを整列するには、Alt→W→A。
※Macは、フリーソフトShiftItを使えばキー操作でウィンドウ整列できます。

7 Shift+←→(文章)

文章を打つとき全般に使えるものです。
Shiftキーを押しながら←→で文字を選択でき、その後コピー、切り取りができます。
2016-09-30-at-9-15

8 Shift+↓↑(文章)

同様に文章を打つときに使えるものです。
行の最初で、Shiftキーと押しながら↓を押すと、文字を選択できます。

※ソフトにより行全体を選択してしまうときは、その後に、Shiftキー+左を押しましょう。

Shiftを押しながら↑で、上の行の文字を選択できます。

WordやGmailでも同様の操作可能です。
マウスで選択するよりも確実で速く操作できます。

2016-09-30-at-9-16

仕事を速くするためにショートカットキーを使いたいのであれば、

・キーだけで操作することに慣れる
そして、
・マウスを使わないことに慣れる
ことが必要です。

その一歩として方向キーを使ってみましょう。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

■スポンサードリンク

【編集後記】

昨日はExcel入門セミナーを開催。
リクエストいただいたNさん、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!!

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

オハナベーカリーのパン
アトレポイント使用

■スポンサードリンク







■サービスメニュー
『雇われない・雇わない生き方』無料送付
■執筆・講演
■ブログリクエストフォーム 
■メルマガ「税理士進化論」 
■士業交流会登録受付 
直近100記事一覧


■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』




■ブログ「EX-IT」(管理人 井ノ上陽一)は、次の方法で購読できます。
・Facebook(Facebookにブログの更新情報が流れます。

・RSS(feedly。更新情報を受け取れます→詳細follow us in feedly
・Push

・Twitter(Twitterで更新情報を受け取れます) https://twitter.com/yoichiinoue 
・メールで更新情報を受け取れます。 詳細
The following two tabs change content below.
井ノ上 陽一
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・MicrosoftMVP for Excel ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら