iPad Pro12.9インチ+Apple Pencil+UPAD3で、ゲラチェック(原稿チェック)&ポイント

はてなブックマーク - iPad Pro12.9インチ+Apple Pencil+UPAD3で、ゲラチェック(原稿チェック)&ポイント
LINEで送る
Pocket

ゲラチェック(原稿チェック)には、iPadを使っています。
iPad Pro12.9インチになり、さらにApplePencilでさらにやりやすくなりました。
私が考えるゲラチェックのポイントとともに紹介します。
IMG 6070
※自宅にて iPhone SE

■スポンサードリンク

ゲラチェックとは

ゲラとは、実際の書籍(記事)のデザインに整えられた原稿をいいます。

著者が、Wordなどで原稿を書く

編集後、ゲラができあがる

著者がゲラをチェック

チェック後のゲラができあがる

著者がゲラをチェック
という流れです。

通常、2回のゲラチェックがあります。
(3回やったこともあります・・)

並行して、編集者さんのチェック、校正の方のチェックも入り、本ができあがっていくという流れです。

ゲラは、紙とPDFでもらえることが多く、最近は、PDFをiPadでチェックしています。
2010年に出した最初の本、『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』は、紙のゲラで、フリクションボール(消せるボールペン)を使ってチェックしていました。

PDFだと、編集者さんとのやりとりも楽ですし、持ち運びもしやすいです。

iPadPro12.9インチ+ApplePencil+Upad3

今回の原稿チェックは、大きなiPadProとApplePencilがあるので、さらにやりやすくなりました。

UPAD3

PDFを受け取ったときに、章ごとまたは、はじめに・本文・おわりに、と分割されているときは、結合します。

iPadで使うアプリは、UPAD3。
以前から愛用しているアプリです。
PDFをチェックする際に、ページの切り替えと書き込みがスムーズなところが気に入っています。
他のアプリだと、ページ切り替えモードと書き込みモードを切り替えなければいけない場合も多いです。

UPAD 3

720円
(2016.04.28時点)
posted with ポチレバ

iPadでゲラPDFを開くのは、Dropboxを使っています。
PCでPDFをDropboxに入れる

iPadのDropboxで開く

さらに[別のアプリで開く]でUPAD3を選択
という流れです。

EX IT SS 1

チェックが終わったら、PDFに変換してDropboxに保存できます。
同期しないのが残念ですが。
IMG 0225

ApplePencil

iPadPro12.9インチでは、ApplePencilが使えます。
(iPadPro9.7インチでも使えます)

ApplePencilは、11,800円+税と高いのですが、使い勝手は抜群です。
iPadとは、Bluetoothで接続し、充電式。

こうやってカバーをはずして、iPadの端子に入れると充電できます。
(別途コネクタがあり、USBケーブルでの充電も可能です)
IMG 6072

15秒の充電で、30分使えるようになるのでうれしいです。

ApplePencilが使いやすい最大の理由は、このパームインジェクション。
通常、iPadでペンを使うと、手が当たる部分も反応してしまいます。
ペンやアプリで対策されている場合も多いのですが、完璧でないことも多いです。
ApplePencilでは、まったく気になりません。
ペンの先だけを感知するようになっているからです。
IMG 6071

ApplePencilは、筆圧も感知します。
アプリによって対応度合いが異なり、UPAD3では、残念ながら筆圧感知には対応していませんが、ゲラチェックには、筆圧は必要ないので問題ありません。

対応アプリ(AdobeSketchなど)だと、こんな線も書けます。
IMG 6074

ゲラチェックのポイント

ゲラチェックの際には、次のようなことに気をつけています。
「ゲラチェック」といっても、必ずしも、こうしてください!といわれることはありませんし、チェックのやり方も特に指定されません。
チェック箇所がわかるようにしていれば、大丈夫です。
校正記号も使っていません。

意図が変わっていないか

編集の過程で、自分の意図が変わっていないかのチェックです。
誤解を生む表現も修正します。

編集されるといっても、本は、著者自身の言葉・考え方として世に出てしまうものです。
本の見せ方とは別に、正しく意図を伝えなければいけません。

よかれあしから編集の過程で、意図が変わる場合も多いので気をつけましょう。

誤字脱字

誤字脱字は、編集者さん、校正さんの方でもやっていただきますが、やはり著者も見るべきところです。

読み味

読みやすいかどうかも、自分の目でチェックします。
チェックするのは、
・である、ですますが混ざっていないか
・自分が使わない言葉が入っていないか
・強すぎないか
・弱すぎないか(〜と思いますの多用)
・文末が単調になっていないか
・括弧書きが多すぎないか
・表現がくだけすぎていないか
・接続詞が多すぎないか
・冗長な表現になっていないか
などです。

この辺は、日々ブログを書いていると、変にこだわりがあって、多少めんどくさいかもしれませんね。

漢字表記

漢字にするかひらがなにするかも、人によりわかれるところです。
出版社で明確な基準があれば、従いますが、そうでない場合は、編集者さんと相談しています。

加筆、修正は、テキストで

短い文や語句なら、そのまま書き込みますが、加筆、修正するが多いときは、たとえば①と番号をふって、別途テキストデータで作ります。
その方が編集者さんもこちらも楽だからです。
私の字がきれいではないので、極力テキストで作るようにしています。

原稿、記事チェックに、iPadを使ってみてはいかがでしょうか。
通常のiPadでも十分可能ですが、iPadPro+ApplePencilは、さらにおすすめです。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

■スポンサードリンク

【編集後記】

時間術本のチェックを、月曜日からやっています。
5/6が締めなので、じっくりやるつもりです。
タイトルは、『毎日定時で帰っても給料が上がる「時間のつかい方」をお金のプロに聞いてみた!』。
発売は6/17を予定しています。

トライアスロン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km)で五島入りしている日です。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

とある宅配買取
かぼすゆずこしょう

■スポンサードリンク







■サービスメニュー
『雇われない・雇わない生き方』無料送付
■執筆・講演
■ブログリクエストフォーム 
■メルマガ「税理士進化論」 
■士業交流会登録受付 
直近100記事一覧


■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』




■ブログ「EX-IT」(管理人 井ノ上陽一)は、次の方法で購読できます。
・Facebook(Facebookにブログの更新情報が流れます。

・RSS(feedly。更新情報を受け取れます→詳細follow us in feedly
・Push

・Twitter(Twitterで更新情報を受け取れます) https://twitter.com/yoichiinoue 
・メールで更新情報を受け取れます。 詳細
The following two tabs change content below.
井ノ上 陽一
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・MicrosoftMVP for Excel ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら