スキマ時間にスマホでKindle。重さゼロ・厚さゼロ・片手で読めるメリットを活かそう

はてなブックマーク - スキマ時間にスマホでKindle。重さゼロ・厚さゼロ・片手で読めるメリットを活かそう
LINEで送る
Pocket

スキマ時間には、iPhoneのKindleアプリで本を読んでいます。
スキマ時間にはこれしかやっていはいけないマイルールです。
Kindle00003

■スポンサードリンク

意外とスキマ時間は多い

日中に、意外とスキマ時間は多いものです。

・電車で移動
・電車を待つ
・人を待つ
・レジで待つ
・エレベーターの乗っている間
・打ち合わせまでのちょっとしたスキマ
など、ちょっとした時間をあわせば、結構な時間になります。

このスキマ時間に、ゆっくりする、休むのも1つの方法ですが、何か有効に使いたいものです。

中断、再開をしやすい読書

このスキマ時間に、必ず読書をするようにしています。
読書は、中断もしやすいですし、再開もしやすいからです。

1分でも、2分でも確実にすすみます。

スキマ時間にメールを返そう、コメントを返そうとすると、途中で終わってしまい、中途半端になることもあり、電波の状況では、受信に時間がかかることもあるでしょう。

ささっと読み進められる読書がスキマ時間活用にしっくりきます。
これまでも、電車で移動中には、読書をするようにしていましたが、今年からスキマ時間すべてを読書にしました。

紙の本を持ち歩いていれば、紙、そうでなければiPhone 6 Plusのkindleで本を読むようにしています。

Kindleは「慣れ」

Kindleのメリット

「紙の本が読みやすい」からといって、Kindleを使わないのはもったいないです。

たしかに、

紙の本が読みやすい

と思います。

読んだときの達成感(本棚のスペースが空く)も紙の本が圧倒的に高いです。

ぱらぱらとめくれるし、読むスピードを速くすることもKindleよりも楽なのは事実なのですが、それでも、

・持ち運ばなくていい、重さゼロ、厚さゼロ(スマホの重さ、厚さだけ)。
・片手で操作できる
という物理的なメリットは大きいです。

紙の本を持ち歩くと3冊でも結構な重さで、スペースも必要とします。
iPhone(スマホ)内に本を入れておけるKindleは便利です。

ちょっとしたスキマ時間に、本を取り出し、読み、本をしまうというのはできないことも多く、両手を使わなければいけません。その点、片手で操作できるKindleは、ロスを最小限にできます。

片手で操作できることが必須なので、こういったリングをつけるのがおすすめです。
Kindle00001

さらには、紙の本よりも安い(バーゲンもある)というメリットがあります。

Kindleに慣れるには

昔はKindleを読むのが遅く、イヤでした。
今は慣れてきた感じです。

読書記録を見ると、徐々に、Kindleの割合も増えてきています。
(Kindleで本を読み始めたのは2012年末頃です)
スクリーンショット 2015 03 11 6 39 50

・文字を可能な限り小さくして多くの文字を表示するようにする
・指でページをめくるスピードを上げる
・明るさをみやすいように調整する
・読みやすい本(好きな分野、内容が重くない本、入門書など)から読んでみる
といった工夫をしてみましょう。

スマホが大型化している今、より読みやすくなっているはずです。

Kindle端末もありますが、よりきれいなディスプレイで読みたい・持ち物が1つ増えるのが嫌といった理由で、私は合いませんでした。
ずっとiPhoneで読んでいます。

最近は、飛行機の離着陸時にもiPhoneを使える(機内モードにする必要はあり)ようになりましたので、iPhone、iPadだけで紙の本は持って行かないようになりました。
(以前は、離着陸用に紙の本を数冊持って行ってました)

スキマ時間にメール、LINE、SNSチェック(Facebook、Twitter)をすると楽しいのですが、あっという間に時間がなくなってしまいます。


・インプットの時間を確保したい
・本をもっと読みたい
・時間を有効に使いたい
という方ほど、Kindleに慣れる価値はありますので、ぜひ挑戦してみてください。

スキマ時間を使わなくても、読書の時間をじっくりとれる方は、その時間に読書をして、スキマ時間に別のことをすればいいかと思います。
私の場合は、読書の時間を取るよりもスキマに読んだ方が効率がいいのでそうしているまでです。
自分の適性を見極めるのも重要でしょうね。
タスク管理には、「読書」という時間がありません。すべてタスクのスキマにやっているからです。

私の本もKindle版がありますので、よかったら是非。
(1冊目の『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』だけKindle版がないのですが。。)

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

■スポンサードリンク

【編集後記】
昨日はひさびさに皇居ラン。
一時期は皇居を走りすぎて飽きていましたが、やはり景色もよく、1周5kmを信号なくゆっくり走れるので、楽しいです。
皇居ランデビューをサポートしました。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

タイガー KBX-A
当ブログが月間50万PV突破
920XTJで皇居ラン

■スポンサードリンク







■サービスメニュー
『雇われない・雇わない生き方』無料送付
■執筆・講演
■ブログリクエストフォーム 
■メルマガ「税理士進化論」 
■士業交流会登録受付 
直近100記事一覧


■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』




■ブログ「EX-IT」(管理人 井ノ上陽一)は、次の方法で購読できます。
・Facebook(Facebookにブログの更新情報が流れます。

・RSS(feedly。更新情報を受け取れます→詳細follow us in feedly
・Push

・Twitter(Twitterで更新情報を受け取れます) https://twitter.com/yoichiinoue 
・メールで更新情報を受け取れます。 詳細
The following two tabs change content below.
井ノ上 陽一
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・MicrosoftMVP for Excel ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら