ブログを朝書く効果

5年以上ブログを毎日更新していますが、朝、ブログを書くことが定着したのは、ここ1年くらいです。
やはり朝書く方がより効果があります。
IMG 3798

ブログを書く時間帯

これまでの5年間、書きたいときに書いたり、仕事の終わりに書いたり、朝書いたりしてみましたが、今は朝書くのが定着しました。

7/8はトライアスロンのため、7/21は99kmマラソンのため前日予約投稿、7/11と7/25は朝飛行機で移動したため、ちょっと遅くなっています。
スクリーンショット 2012 07 28 8 14 10

これは1日のブログの投稿数とも関係があります。

ブログ投稿数

ブログの月別の記事数を見ると、最近は月の日数と同じです。
スクリーンショット 2012 07 28 7 37 32

2007年〜2009年ごろだと、1日に2回~3回アップしています。
スクリーンショット 2012 07 28 7 37 41

TwitterやFacebookの利用が増えてきたこともありますが、1日のアウトプットをあえて1回に限定したいという理由があったからです。
こまぎれにアウトプットするよりも、1日に1回だけそのときの考え方や伝えたい情報を凝縮して発信するようにしたのです。

当然、「もっと書きたい」というネタや捨てざるを得ないネタも増えましたが、ネタは捨てれば捨てるほどいいと思っています。
ガンガン捨てていくべきブログネタ » EX-IT

朝書く効果

その1日に1回を朝の時間帯に書くようにしています。
朝のルーティンタスク(PCファイル、Evernoteの整理、会計の記録など)、掃除、ストレッチ、メルマガを終えたら、その次はブログを書くようにしています。
原則としてブログを書き終わるまでは他の仕事にとりかかりません。

土日にトライアスロンやマラソンがあるときは、朝書くことができないこともあるので、例外として認めています(^^;)


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


朝ブログを書く効果は次のようなものがあります。

1 落ち着く

いきなり仕事を始めるよりも、整理やブログによって気持ちを落ち着ける効果があります。
ブログにはネガティブなことを書けませんし、書かないようにしているので、いらいらや不安を消しつつ書かなければいけません。
ブログを書いているうちにそういうものが消えていきます。
スポーツの準備運動、料理の下ごしらえのようなものです。

2 達成感がある

「毎日やる」と決めることは、1日の早い時間に達成しておいた方が落ち着きます。
ある程度時間がかかることですので、なおさらです。

3 例外なくできる

土日は、レースがありますが、平日なら朝必ず書くことができます。
(今週の水曜日のように、出張という例外もありますが)
「毎日やることに例外をもうけない」というのは鉄則です。
朝なら時間を確保しやすく、決まった時間帯に書けます。

4 バロメーター

ブログがなかなか書き進まないときは、時間管理・タスク管理がうまくいっていない、不安なことがある、体調がよくないという傾向があります。
ブログを朝書くと自分の状態がよりわかるわけです。
文章を書くのが進むか進まないかは、いいバロメーターになります。

・ブログ更新は時間管理のバロメーター » EX-IT

5 読者の方のため

毎日更新をしている理由の1つは、読者の方のためです。
1つ更新するかわからないというよりも、1日1回は更新している方が読みやすいと思っています。
もちろん、興味がある記事、興味がない記事はあるでしょうけどね。

本当はもっと時間帯を統一できればいいのですが、朝起きる時間やブログを書くのに要する時間にブレがあるため、一定していません。

遅くとも10時くらいにはアップされています(^^)





■スポンサードリンク
【編集後記】
まだ足のけがが治りきってないので、1週間走っていません。
今日も病院に行きます。
この土日は、両日ともセミナーを入れていますので、おとなしくしておいて、走るのは月曜日からにする予定です。

■スポンサードリンク




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』