3月決算の業務始めます。

この土日のメインの業務は、3月決算のお客様に関する業務です。

決算月の2ヶ月後の6月末日が税務署に申告書を提出する期限ではあるのですが、

これはあくまでも提出期限でしかありません。


4月から新しい期が始まります。

すでに終了した期のこと(=決算業務)を提出期限の6月末まで行うことは、その企業の経営にとって、決して有益なことではありません。


3月中にやるべきことは、

1.決算がどのくらいの数字になるのかを把握すること。

2.1に伴い、税金をどのくらい払うことになるのかを把握すること。

3.来期は、どのくらいの売り上げで、どのくらいの経費がかかるのかを計画すること。

というものがあります。


私としては、この時期に3月決算業務を行うことは目標でもありますが、やはり非常にうれしいことでもあります。

お客様側の意識とご協力があってこそ可能になることですので。




■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』

■スポンサードリンク