住民税が戻ってくる可能性があります。(住民税の還付)【1】

次に該当する方は,
昨年払った住民税の一部が戻ってくる可能性があります。
1 平成18年は働いていて,平成19年は働いていない方。

2 平成18年は働いていて,平成19年に独立して
  所得税がかからないくらいに収入が減った方。
1もそうですが,2の方も多そうです。
私も平成19年開業組ですし。
なぜ戻ってくるかというと,
平成19年から住民税が増え,所得税が減ったことが理由です。
住民税は前年(平成18年)の収入,
所得税は,当年(平成19年)の収入に応じて計算されます。
通常だと 
住民税13万,所得税22万→合計35万
ですが,
平成19年は
住民税23万,所得税12万→合計35万
となります。
住民税が10万円増えてますので,
所得税が10万円減っています。
(実際は定率減税廃止の影響もあり,合計額は増えますが,
この例では考慮していません。)
同じように,
今回の該当者について考えてみます。
通常だと 
住民税13万,所得税0万→合計13万
ですが,
平成19年は
住民税23万,所得税0万→合計23万
となります。
住民税は10万円増えてますが,
所得税はもともと0円なので,減らすことができません。

ですので,この差額が戻ってくるのです。
申告方法については,次の記事で。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###