アーカイブ

56

最近の私のGmailの画面はこうなってます。

表示されるメールは,まったくない状態です。
中央には,
「新着メールはありません。よろしければ最新ニュースが満載のGoogle ニュースはいかがですか。」
と表示されています。
すべて削除しているわけではなく,
Gmailの「アーカイブ」という機能を使っています。
「アーカイブ」(archive)は,ファイル保管庫といった意味で,
読んだメールや返信したメールは,
そのアーカイブに保存されています。
この画面に表示されるメールは,
まだ返信していないメール
まだ読んでいないメール
です。
常にこの状態にするよう心がけていますが,
なかなかそうもいかないので,
少なくとも朝のこの時間帯には,綺麗にするようにしています。
いらないメールは,削除します。
削除とアーカイブの違いは,
あとで検索するかしないかということです。
フォルダという概念がないGmailですが,
アーカイブに保管しておいて,
必要な時に検索する
というざっくりした方法が,
私には合ってますね。

Spread the love
前の記事自由人と不自由人
次の記事ネットとアナログのバランスをとる
税理士 井ノ上 陽一
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『AI時代のひとり税理士』『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『新版 そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら