税理士懲戒処分

昨日届いた税理士会の会報に
税理士懲戒処分のお知らせ
がありました。
2名の税理士が懲戒処分を受け,
税理士業務が禁止され,
税理士登録を抹消されたいうことです。
理由はそれぞれ脱税・・・。
自分の相続税や法人税の申告にあたり,
相続財産や収入を除外したそうです。
資格はく奪というのも無理もないですね。
記載には,
「税理士としての信用と品位を害した」
とあります。
自分の申告をごまかしていたということは,
クライアントにどんなアドバイスをしていたか
心配です。
自分は自分,クライアントはクライアントということで,
ちゃんと正しくアドバイスしていたかもしれませんが・・・。
どちらにせよ,自分ができてないことをいうのは,
信憑性がないのではと思います。
すべての物事に言えるんでしょうが。
資格はく奪となると,
業務ができないし,
勉強してきた時間,コストも無駄になるし,
お金に換えられない損害があると思います。
何よりも,税理士が脱税っていうのは,
悲しいことです。