定額減税

定額減税が、政府与党で合意されたというニュースについて。
給付金として、現金又は金券が支給されるということです。
定率減税(一定の率で減税)と異なるところは、
全世帯が対象となること。
一般的に減税や住宅ローン控除などは、
税金が少ない(=所得が少ない)場合は
効果がありません。
たとえば年間の所得税が30万円の場合、
住宅ローン控除などで戻ってくる税金が
30万円だったときは、
それ以上減税をしても、
戻ってくる税金がありません。
その意味では一定の金額を支給する定額減税は
効果があると思います。
ただ、焦点としては
その金額と支給方法。
特に支給方法は
現金で支給すると消費しない可能性もあり、
金券だとその配布方法等の問題もあるかと思います。