当然のように払っている大金~生命保険

43

生きていく上で
食費、住居費など
当然のように払っているものはいくつかありますが、
生涯で換算すると、かなりの大金になるものがあります。
それは、生命保険。
ほとんどの人が入っていますが、
意外と意識していないケースも多いかと思います。
付き合いで加入するというあまりよくない慣習も
ありますしね。
お恥ずかしながら、私も自分が入っている保険を
完全に理解しているか
というと・・・自信はないです。
最近、資産設計という観点から
いろいろと勉強していますが、
その観点から
やはり保険の知識をもう少し深く身につけなければならない
と思っています。
業務にも関連しますので。
いつもおつきあいさせていただいている方から
紹介してもらった本を読んでみました。

会社の危機を救う社長の生命保険/亀甲 美智博
¥1,680
Amazon.co.jp

意外な事実や
新たな視点があり、
勉強になりました。
よく「知らないと損する」といいますが、
生命保険は、まさにそれではないでしょうか。
さらに
いろいろと勉強してみます。

Spread the love
前の記事満員電車
次の記事面接者の履歴書を返すかどうか
税理士 井ノ上 陽一
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『AI時代のひとり税理士』『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『新版 そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら