税理士をどうやって選ぶか?

233

最近,お会いした方から
「税理士をどうやって選べばいいですか?」
と聞かれることが何度かありました。
意外とよく聞かれる質問です。
そういうとき,私はこう答えています。
「何人か会って話を聞いてから選ぶべきです。」

いろんな税理士と会って,話をしてみるのがいいと思います。
契約の形態によりますが,
月に1回という頻度で会うことになりますし,
話が合わないというのでは,
業務の知識,サービス以前の問題です。
人間同士ですので,相性もありますし。
当然,その会話の中で,
業務のスタンス,サービス内容や料金,
そして実際の担当者は聞いておくべきです。
「契約を検討したいので,話を聞きたい」
と言えば,契約しなかったとしても問題ないですしね。
事前にHPなどで情報をつかんでおくと,なおいいかもしれません。
税理士を選ぶときに,
知り合いだから
近くだから
紹介だから
という理由で選ぶことが多いような気がします。
従業員を採用するときは,
何人か面接をして採用を決定します。
同様に税理士も何人か会って,契約すべきと思っています。
応募を待つ従業員の採用と違って,
税理士は経営者側からアプローチをかけやすいですしね。

Spread the love
前の記事税理士の平均年齢
次の記事名刺交換の意味
税理士 井ノ上 陽一
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『AI時代のひとり税理士』『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『新版 そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら