【読書】小倉昌男 経営学 |学習の本質

2009-5-26 3rd
「セミナーや講演を通じて得たさまざまな知識を吸収し,試行錯誤しながら経営に反映させていった」

クロネコヤマトの宅急便を立ち上げた小倉昌男さんは,ヤマト運輸の経営に参画し始めた頃,どうやって労働生産性を高めるか考えていたそうです。
そこで,参考にしたのが,セミナーや講演会でした。
流通関係,マーケティングなどさまざまなセミナーに参加したそうです。
そのときの経緯が,「第2章 私の学習時代」という形で書かれています。
セミナーを始め,学習の本質はまさにこれだと思います。
セミナーに参加する,本を読むだけで満足しては意味がなく,
・知識の吸収
・試行錯誤
・反映
させてこそ意味があることです。
改めて実感しました。
今週は2つ,セミナーに参加するので,さらに意識して臨みます。

小倉昌男 経営学/小倉 昌男
¥1,470
Amazon.co.jp
■スポンサードリンク
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク