19○○年 生まれ

プロフィールを見るときに注目することの1つは,
何年生まれか
というものです。
例えば本を読む前に著者のプロフィールを見る場合,
「自分と変わらない歳でこんなにいい本を書けるのか・・・」
「自分より年下でこのキャリアはすごい」
と様々なことを考えます。
私は1972年(昭和47年)生まれで今年37歳になります。
同じくらいの年齢や年下の著者がかなり増えてきた気がします。
プロフィールの年齢を見て,まだまだやるべきことができていないなぁと実感することは
多いです。
そのうち20○○年生まれの著者も出てくるのでしょうね。
年齢を重ねるのは,止められることではありませんし,
その年齢でやるべきことをやり,何らかの足跡を残していきたいものです。
ちなみに私の好きなサッカーでは,同じ歳の選手が引退するケースも増えています。
今年は,フィーゴ,ネドベドが引退しました。
雑誌でそういった選手に対して,
「加齢からくる体力の衰え」
「往年の輝きはない」
という表現を見ると,ちょっと落ち込みます(T_T)
スポーツの世界は事情が異なるのは確かですが・・・。

■スポンサードリンク
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク