仕事上の「負の連鎖」を断ち切る

昔から,仕事上で「負の連鎖を断ち切る」ということを意識しています。
負の連鎖
「負の連鎖」とは,
月末だから,繁忙期だから・・・
と決まった時期に忙しくなることをいいます。
仕事によって,繁忙期は,
月末だったり,月初だったり,事前に分かっていることが多いものです。
毎年,毎月,そして毎日と一定の流れで動く業務は意外と多く,
「仕事に追われている」感があるのは,それらの業務の影響が大きいことが原因です。
定期的に忙しくなり,「負の連鎖」に陥ってしまいます。
税理士業界で考えると,
決算~申告までの時期や年末調整~所得税確定申告の時期が
繁忙期と言われています。
原因
負の連鎖の原因は,
1 人が足りない
2 その業務自体の業務の効率が悪い
3 仕方ない
というものがあります。
3の「仕方ない」であきらめてしまっていては,いつまでも負の連鎖を断ち切ることはできませんので,
1と2を改善しなければいけません。
1の「人が足りない」は,本当に足りない場合もありますが,
2の「業務の効率」を改善することで解決する場合もあります。
この「業務の効率」で意外とネックなのが,
業務のスタート時点。
例えば,決算であれば,データや資料がそろわないと,取りかかることができず,
日々の経理も,領収書や社長・営業担当からの資料がそろわなければ,行うことができません。
いくら経理や会計事務所で業務を効率化しても,業務のスタートが遅ければ,
やはり負の連鎖に陥ってしまいます。
まずは,そのスタート時点を見直すことが重要です。
年末調整以降
12月から年末調整→住民税関係の資料の提出→償却資産の申告→所得税確定申告
と恒例の業務の時期に突入します。
やはり負の連鎖には陥りたくないので,スタートは早めに行います。
クライアントへの年末調整以降の流れの確認や資料の説明は,今月の訪問から開始します。
日々の負の連鎖
ちょっと油断すると,日々の業務でも負の連鎖に陥ってしまいます。
私の場合,日々の「負の連鎖」を断ち切る方法は,早起きです。
朝の時間に集中して,業務をこなすようにしています。
早起きではなくても,夜,少しだけ残って業務を整理する方法でもいいかと思います。
最終手段としては,土日を使うこともありますが,
あくまで,土日は「負の連鎖」を断ち切る手段にしています。

■スポンサードリンク



■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』