・顧客データの分析

先日,募集を開始した税理士として独立する予定の方向けのセミナー,ありがたいことに定員となりました。
懇親会も全員参加していただけます。
・税理士として独立する予定の方へ
セミナーの趣旨や場所の都合上,少人数で行いますので,申し訳ない限りです。
キャンセル待ちの方もいらっしゃいますので,別の日程でも開催することも検討しています。
セミナーまでは,まだ3週間ちょっとありますが,すでに準備を始めています。
そのうちの1つが,過去のクライアントのデータの分析です。
もちろん守秘義務の関係上,セミナーでは公開できる範囲でお話しします。
経営上,過去の分析は重要です。
過去の分析だけでは意味がありませんが,その分析結果は今後のことを考える上での重要な要素の1つになります。
たとえば,売上の推移の数値だけではなく,どのクライアントからの売上なのか,どの商品の売り上げなのか,新規・既存別の売上はどういう割合になっているかなどを細かく分析していきます。
当然,これまでも行っていたのですが,今回は3年という節目でもあり,またセミナーの内容に反映させるためにも,いろんな角度から分析を行っています。
こういった分析は,数字としての実績をとらえ,今後の戦略に役立てるとともに,もう1つ効果があります。
それは,今まで自社のサービスや商品を選んでくださった方々への感謝の気持ちを思い起こすことができることです。当然ながら感謝の気持ちをいだいていても,数字で表すとさらにその思いは強くなります。
実は,こういった分析はクライアントにも提供しています。
そのクライアントの方々も,同じような思いをいただいていました。
顧客データを分析してみるのは,オススメです。(業種によっては分析が難しい場合もありますが。)
さらには,その顧客をどうやって獲得したか,特に誰から紹介していただいたかを分析してみると,また違った側面が見えてきます。
=================
【編集後記】
先日,美容院の待ち時間に読んだ雑誌に載っていたレシピを再現してみました。
EX-IT|
冷凍したトマトをすりおろし,みょうがと一緒にそうめんと混ぜ合わせたもの。
かなりおいしいです
少しつゆ又はしおをかけると,いいかもしれません。
そういえば,レシピでは生ハムをさらに加えていました。
塩気がちょうどいいのでしょうね。
ただ,冷凍のトマトをすりおろすのは,ちょっと大変です。
フードプロセッサーとか使えばいいかもしれませんが。