・1つの仕事に必要な時間を過小評価する

昨年末から、時間を記録しながらタスク管理をしています。
・時間を加味したタスク管理
イメージ
EX-IT|
やるべきこと(タスク)とその見積時間を朝、整理し、完了したら、時間を記録していきます。
完了したものは赤で表示されるように設定しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】

・1つの仕事に必要な時間を過小評価する
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
時間を過小評価
時間を管理しはじめて改めて実感しているのが、「自分が仕事をこなす時間を過小評価している!」ということです。
最近でも、「この仕事は50分で終わるだろう」と思って始めると、意外にやることが多く、240分以上かかることもありました。
具体的には、新規にご契約いただいた法人のクライアントの業務です。
はじめて当事務所で行うときは、過去のデータの入力や、e-Taxの利用申請などをやる必要があります。
そこまで把握し、事前にやっておけば、いいのですが、いざやり始めてから、気づくことも多いです。
早速、マニュアルには追加しましたが・・・・・・。
他の業務も、このくらいで・・と思って、予想以上に時間がかかることは多いです。


まさにドラッカーが『プロフェッショナルの条件』でいう”成果のあがらない人”です。

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))/P・F. ドラッカー
¥1,890
Amazon.co.jp
■スポンサードリンク

ドラッカーは成果のあがらない人を
 1  一つの仕事に必要な時間を過小評価する
 2  急ごうとする
 3  彼らは同時にいくつかのことをする
と言っています。
3も思い当たる節があります(^_^;)
時間を記録し始めて、まだ2ヶ月。
その見積の精度はまだまだというところです。タスクの細分化もまだできてない気がします。
しかし、ずいぶんと精度は上がり、1日の成果はあがってきた方です。
今後もトレーニングでしょうね。
お金の管理は、ある程度続ける(トレーニングする)と、自分の感覚と、実際のお金の動きが次第に一致してきます。
時間も同じようなものかもしれません。
明後日は、この管理手法をレクチャーする機会があります。
これまでは職業柄、お金の管理を中心に広めてきましたが、時間管理もこのような機会が増えてくるかもしれません。
私としても楽しみです!
=========================
【編集後記】
ITパスポートという試験があります。
次回の試験は、4月17日です。
受けてみたいなぁ・・・と思い、今朝申し込もうとしましたが、「ちょっと予定をいれすぎ(>_<)」と思い直し、途中でやめました。
今日の20時までの受付なので、もう少し考えます。

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』