・寄付に関する税金 その1 法人が寄付した場合

被災地に対する寄付をした場合、税金上考慮される場合があります。
税金上考慮されるから、寄付をするというわけではないと思いますが、制度として知っておくことは重要です。
今回は、寄付に関する税金のしくみとして、概要を解説します。
※法律上は、「寄附」と表記されていますが、当ブログでは「寄付」の表記で統一します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】

・寄付に関する税金 その1 法人が寄付した場合
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
原則的な取り扱い
原則として、寄付をした場合は経費として認められません。
経費を増やして、利益を減らし、税金を減らすことを防ぐためです。
しかし、一定の場合には、特例として経費として認められるケースがあります。
法人と個人では、取り扱いが異なります。
今回は法人について解説します。
法人が寄付した場合の特例
○寄付の対象と控除額
代表的なものとして次のようなものがあります。
・国、地方公共団体→全額経費に入れることが可能
・国が認定した特定公益増進法人(ユニセフ等)→一定の限度額あり
・赤十字→全額経費に入れることが可能なものと限度額があるもの
【参考】
http://www.tokyo.jrc.or.jp/kyoryoku/shikin/zei.html
今回、さらに特例措置が適用されます。
http://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/data/h23/gien/index.htm

特定の募集団体を通じて寄付をした場合も、最終的に国、地方公共団体に寄付されるのであれば、全額経費に入れることができるようになります。
○控除される税金
法人で全額経費に入れることができると、法人税、住民税、事業税、法人地方特別税について、その寄付金の額の約26%~40%が控除されます。ただし、税金を支払っていない場合、つまり赤字の場合は、控除されません。(赤字の額は、7年間繰り越すことができます。)
目安として試算してみました。
法人の税金は所得(利益)により税率が変わりますので、影響額はケースにより異なります。
法人の税引前の利益が100万円の場合に10万円寄付すると、26,000円、100万円寄付すると259,900円の控除があります。
EX-IT|
【参考記事】
・法人の所得に占める税金の割合
○控除される時期
次の決算月を区切りとして、税金を申告する際に控除されます。
結果、申告・納税する税金が減るというわけです。
○必要な手続き
申告時に明細書を作成、提出しなければいけません。
次回は個人が寄付した場合について取り上げます。
=========================

■スポンサードリンク
【編集後記】
電話、メールでは連絡を取っていましたが、昨日、地震後はじめてのクライアント訪問でした。
実際にお会いできると、ほっとします。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク