・仕事の改善・効率化のタイミング〜本番前のモチベーション・危機感を利用する〜

「仕事のやり方を変えよう」「効率化しよう」「改善しよう」と思っても、なかなかできないことは多いです。

私自身もなかなか取りかかることができなかったり、結局はいままで通りの方法でやってしまうことがあります。
ただ、うまくいくときも当然あるのです。

うまくいったときのことを分析すると、仕事の改善・効率化に取り組むには、そのタイミングが重要なのではないか?と考えています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】

・仕事の改善・効率化のタイミング~本番前のモチベーション・危機感を利用する~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

効率化で最も効果があるのが、ルーティン業務の効率化です。
毎日、毎週、毎月、毎年など、決まった時期に繰り返し行う業務を効率化すれば、その効果も繰り返し得ることができます。
例えば、毎月の業務を1時間効率化すれば、12ヶ月で12時間の効果があります。
その時間でさらに他の業務の効率化や、新しい試みができるわけです。

例えば、月末に2日間かかる業務があるとします。

効率化をしようする場合、前もって準備や研究をしようとすることが多いでしょう。
しかし、これは非常に敷居が高いことです。


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

毎日それなりに(時にはぎっしりと)業務があり、なかなか月末の業務の効率化に割く時間がとれません。
というよりも、とりくむ気が起きないでしょう。
どうしても目の前の仕事が気になってしまいます。

そこで、月末のルーティン業務の直前に時間をとって、改善・効率化に取り組んでみましょう。
月末の業務を2日間ではなく5日間やるというイメージです。
もちろん丸々5日間は難しいでしょうし、3日間でも、2日間と2時間でもいいと思います。
ここで投資した時間で、ルーティン業務が3時間短縮でき、ミスの可能性も減り、ストレスも減るのであれば、十分元がとれます。

試験でもスポーツでも本番が近づくと、モチベーションもあがり、「やらなきゃ」という危機感も出てきます。
前もって取り組めないなら、本番前のモチベーションや危機感を利用して取り組めばうまく行く気がします。

私の場合、もちろん前もってできることもありますが、それでも取り組むことができない、イマイチ気乗りしないこともあります。

明日やるルーティン業務(毎月1日)の請求書発行業務の改善は、今日から取り組みます。
今日のタスクにすでに組み込みました。
Excelで作っている請求書発行システムを、もうちょっと改善してみる予定です。

=========================
【編集後記】

■スポンサードリンク

昨日、バイクトレーニング中に、両方のふくらはぎがつりました(^_^;)
まだ痛みがあるので、つったというより、肉離れ?かもしれません・・・・・・。
たいしたことはないと思いますが、しばらく安静にしています。
プールは大丈夫かなぁと。

■スポンサードリンク



■ブログEX-IT Facebookページ

■1日1新 Instagram
@1day1new
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』