小さくて軽いスマホという選択。iPhone SE(第3世代)。

小さくて軽いスマホに買い替えました。
iPhone SEです。

※スマホを持ってもらって撮影 by Sony α7SⅢ+24-70mmF2.8Ⅱ

 

小さくて軽いスマホが必要だった理由

2022年、小さくて軽いスマホが必要、欲しくなりました。
その理由は、
・ランを再開した
・大きくて高性能なスマホはいらない
・大きくて重いスマホのカメラは必要ない
というものです。

2019年の交通事故以来、走れなくなり、2022年にようやく再開できました。
ランのときに大きくて重いスマホは好ましくありません。
短パン、ズレさがりますし……。

スマホをポーチに入れる、スマホを持って走らない、スマートウォッチを使うという方法もありますが、
・スマホをポーチ→めんどくさい
・スマホを持って走らない、スマートウォッチ→なんだかんだスマホがあったほうが便利
ということで、小さくて軽いスマホのほうがよかったのです。

そこで選んだのが、iPhone SE。
今までのスマホの212gに対して、144gです。

小さくて軽いスマホ iPhone SE

比較するとこれくらい違います。

  Leitz Phone 1 iPhone SE
74mm 67mm
162mm 138mm
厚さ 9.5mm 7.3mm
重さ 212g 144g

値段差もあり、Leitz Phone 1は、20万円弱、iPhone SEは、6万円ちょっと。
楽天モバイルの24ヶ月分割で買いました。
24ヶ月後に返却すれば、約半額の3万円ほどで買えます。
(通信回線の契約は必須ではありません)

妻のPixel 5(151g。以前は私が使用)も軽いのですが、iPhone SEはさらに小さいです。

小さくて軽いだけで快適です。
ただ、その小ささ・重さのデメリットはあります。

 

小さくて軽いスマホのデメリット

小さいと、やはり表示できるものは少なくなります。
これくらい違います。
Kindle本を読むときにも大きな違いです。

 
小さい分、バッテリーの容量も小さく、電池がそれほど持ちません。
1日持つくらいです。
iPhone SEは、最新のチップが搭載されており、それが電池の消耗にもつながっているのでしょう。

ただ、大きくて重いスマホよりは性能が落ちます。
カメラも普通ですし。
このあたりを気にしないかどうかでしょうね。

私は、スマホのカメラ性能の限界を試したくてLeitz Phone 1を買いましたが、なんだかんだその限界を知ることができました。
カメラを常に持ち歩いているので、スマホではほとんど撮らず。
それで、今回の選択に踏み切ったわけです。
写真は機材ではないとはいえ。

小さくて軽いスマホを探している方は、iPhone SEがおすすめです。
iPhone 13 miniは3万円ほど高く、Pixel 6aは、178g。
iPhone SEは、小さくて軽いスマホの有力な選択肢です。

 



■編集後記
昨日は、習慣と原稿執筆を。

Canonの新レンズが発表され、予約開始に備えています。
人気なのか生産数が少ないのか、初回を逃すと手に入らないので。
そういう商法なのかどうか……
(今日、無事予約できました。「発売日以降」到着というのが気になりますが)

1日1新Kindle『1日1新』Instagram『1日1新』
とある場所でYouTube

■娘(5歳)日記→Kindle『娘日記』・ Kindle『娘日記Ⅱ』
大浴場のお風呂の温度が高く、「入れなーい」と。
別のところに行こうとして、水風呂に向かっていたので、「そこは冷たいから気をつけて」と話すと、ひらめいたのか、水→熱い風呂の順でうまく入っていました。
水風呂は平気そうで、腰までさくっとつかっていました。
子供は平気なのかどうか。

iPhone

Posted by 税理士 井ノ上 陽一