パワポで資料を作成するときに注意する5つのポイント

今日は,出勤しています。
明日の勉強会の準備です。
PowerPoint(パワポ)で作成した資料,レジュメの最終チェックを行っています。
パワポで資料を作成するときは,次のような点を注意しています。
参加したセミナーや自分で開催したセミナーで学んだことです。
パワポで資料を作成するときに注意する5つのポイント
1 ストーリー構成
勉強会やセミナー全体のストーリーがうまく構成されているか?
最初に出てきた論点が,再度出てきたり,
いきなり別の話が切り替わったりすると,
混乱する場合があります。
リハーサルで実際に話してみたり,
パワポの資料を紙で出力して,全体を眺めてみたりしています。
2 情報量
1枚のスライドに情報を詰めすぎないようにしています。
複数の情報があると,どこを説明しているか分からなくなります。
やむを得ず,多くの情報を載せる場合は,説明に応じて,文字を強調したり,
出現させたりしています。
今回の勉強会はプロジェクターでワークの解説を行うので,
やや情報が多いスライドもあります。
3 コンテンツごとのサマリー
これから何について話すのか
どのポイントに注意して聴いてもらいたいのか
について,
コンテンツが切り替わるごとにタイトルスライドを入れるようにしています。
4 アニメーションを多用しない
アニメーションは,効果的な反面,使いすぎるとかえって集中力が落ちます。
ポイントで適度で使用するようにしています。
5 デザインを統一する
スライドのデザインは,テンプレートなどを使って,統一しています。
また,最近参加したセミナーで
色をあまり使わない方が見やすいと感じましたので,
今回もそのように作成しました。
プロジェクター
今回の会場は比較的安価でプロジェクターを借りることができます。
そろそろプロジェクターは買いたいものです。
値段もずいぶんと安くなり,国産メーカーでも5万円くらいで買えます。
メモ第5回 決算書を読む勉強会(10/3) 詳細・お申込はこちらまで 

■スポンサードリンク



■ブログEX-IT Facebookページ

■1日1新 Instagram
@1day1new
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』