資金繰り的に好ましい負債

「負債」
というと
「負債を抱えている」
「負債●億円で倒産」
「負債に苦しむ」
など,
悪いイメージがあります。
しかし,資金繰り的にいうと好ましい負債もあるのです。
負債とは
負債は,B/S(貸借対照表)では,
次の図の位置に記載されます。
EX-IT|
B/Sの右側がお金の調達方法
左側がお金の使い道です。
右から調達して,左で使います。
さらにB/Sの右側のうち,
返済しなければいけないものが負債
返済しなくていいものが純資産
です。
純資産には,資本金(株主から集めたお金)などがあります。
負債として計上されるもの
負債として,代表的なものを挙げてみます。
・借入金(借りたお金)
・買掛金(商品代金のうち,支払っていないもの)
・前受金(売上のうち,販売前又はサービス提供前に受け取ったお金)
これらは,返済(支払)しなければいけないものです。
前受金は,キャンセルになれば返済の必要がありますので,
一時的に負債として計上します。
販売又はサービスの提供後は,売上となります。
負債の意味
上記の負債の意味づけを考えてみましょう。
借入金
 返済が可能であり,使い道が明確,かつ,必要不可欠なものなら,
 有効です。
 例えば,借入金で設備を購入することにより,さらに売上を伸ばすような使い方です。
 ビジネスにレバレッジを効かせることができます。
買掛金
 商品代金等を請求書が来たら,すぐに支払っていないでしょうか?
 最初の契約等で,支払サイトを長めに設定できれば,資金繰りが楽になります。
 例えば,毎月末締めの翌月末払いとすると,1ヶ月間,その分の資金を運用できます。
 当然,支払期限が過ぎても,代金を支払わないのは×です。
前受金
 買掛金とは逆に,自社の入金サイトを短縮すると,資金繰りが楽になります。
 前受金は,事前に入金してもらうものですので,
 資金繰り上有効です。
 リスク管理の点からもおすすめします。
 うちの業界は前受金なんて・・・という声もありますが,
 こちらが支払う立場になって考えると,前払のものって,意外と多いものです。
 検討の余地はあります。 
 預り保証金も同様の効果があります。
負債があるから,必ずしも経営状態が苦しいというわけではありません。
好ましい負債もあるのです。
一方,資産にも好ましくない資産があります。
=========================

■スポンサードリンク
【編集後記】
今日から待ちに待った12月です。
というのは,11月は本を買わない月間だったからです。
再読した本もありますが,
無事に積ん読解消&目標冊数達成できました。
1ヶ月間は苦しいので,次回からは2週間程度にしようかと・・・。
【読み終わった本】

パーソナルブランディング 最強のビジネスツール「自分ブランド」を作り出す/ピーター・モントヤ
¥1,890
Amazon.co.jp

本田直之さんの監訳本。
独立当初に読みましたが,今読むとまたちがった気づきが得られます。
最近の課題の1つであり,未だ答えが見えない分野です。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク