クラウド会計入門セミナー

クラウド会計は税理士の敵?

クラウド会計が誕生して、はや3年ほど。

クラウド会計は税理士の味方なのでしょうか、敵なのでしょうか。

味方にもなれば、敵にもなりえます。
使い方次第なのです。

完全な敵ならば、ほうっておけばいいのですが、
味方にもなる以上、知っておかなければ使っておかなければいけません。

ただし、実際に使ってみるのも時間も手間もかかります。
そこで、クラウド会計ソフトを使ったことがない、使いこなせていないという方向けに
セミナーをきました。

・どういう使い方をすればいいのか
・使ってはいけない場合とは
・従来の会計ソフトと違う点とは
・freeeとMFどっちがいい?
・他のクラウド会計ソフトは?
・Excelとの相性は
・お客様からみたクラウド会計ソフトとは?
・クラウド会計をウリにすべきか
・クラウド会計ソフトを入れて失敗した事例
・本当に楽になるのか
・導入時にきちんと決めておくべきこと
・クラウド会計ソフトでの決算・申告
・レシートスキャンは使えるの?
・スマホアプリの使い勝手の違い
・税理士好みのクラウド会計ソフト、お客様好みのクラウド会計ソフト
・法人と個人との違い
・e-Taxの連携はスムーズ?
・現金、立替経費はどうするか
・税務申告はどうやるか
・Macで使う場合の注意点
・契約解除した場合、どうするか
・クラウド給与計算ソフトの使い勝手
・クラウドマイナンバーの使い勝手
・クラウド年末調整の使い勝手
・チャットサービスの違い
・クラウド会計ソフト側は税理士についてどう考えているのか(freee社長との面談から)
などについてお伝えする予定です。

今回はクラウド会計ソフトセミナーの実績があり、ブログでも情報発信している谷口さんにも

お話していただけます。

クラウド会計ソフト誕生当初から研究し続けている私(井ノ上)とともに、

みなさまのお力になれれば幸いです。

講師プロフィール

○谷口 孔陛(たにぐち こうへい)

谷口孔陛税理士事務所代表・税理士

合同会社MGNコンサルティング代表社員

谷口孔陛税理士事務所 – 東京・神田の32歳若め税理士
クラウド会計でできることと、税理士業界に与える影響について〔セミナー内容まとめ〕 – 谷口孔陛税理士事務所

○井ノ上陽一
ブログEX-IT管理人
株式会社タイムコンサルティング 代表取締役

【セミナーの趣旨】

クラウド会計ソフトを使ってみたいけど使ったことがない方

またはそれほど使っていない方向けです。

対象のソフトは、freee、MF、弥生会計オンラインが中心となっています。

※当日は動画を撮影する予定です。
参加者の皆様のお姿、声は入らないように配慮いたします。

【セミナーの内容】

第1部 井ノ上陽一 クラウド会計ソフトの罠
第2部 谷口孔陛 クラウド会計ソフトのメリット・デメリット
第3部 質疑応答、谷口と井ノ上のパネルティスカッション

【主催・運営】

株式会社タイムコンサルティング 代表取締役井ノ上陽一

【日時】

4/6(木)14:10-17:00 (開場 14:00)

※希望者のみ懇親会(実費)を開催します。

【お申込の締め切り】

4/3(月)23:00

【場所】

目黒駅徒歩1分会場は決定次第、メールでお知らせいたします。

【参加費】

27,000円(消費税込)

【定員】

8名

【お持ちいただきたいもの】

筆記用具

※可能であればノートPCをお持ちください。

【お支払い方法】

お振り込み又はクレジットカード決済にてお支払いをお願いいたします。

○お振り込みの場合

お申し込み後の確認メールに記載されている振込先へ

確認メール受領後,3営業日以内にお振り込みいただくようお願いいたします。

○クレジットカード決済の場合(VISA・MASTERのみ)

お申込後の確認メールに記載されている決済ページへのリンクをクリックし、

確認メール受領後,3営業日以内にお手続きしていただくようお願いいたします。

【キャンセルについて】

※キャンセル料は以下のとおりとなっております。
~4日前:50%

3日前〜前日:80%

当日:100%(ご連絡なく不参加の場合も含みます)

【お申込の流れ】

1 下記のリンクをクリックし,お名前,メールアドレス等の入力を
お願いいたします。
自動返信にて確認メールをお送りします。

セミナー申し込み

※会場の都合上,定員になった場合は申込を締め切らせていただきます。
2 確認メールに記載された振込先へお振り込みをお願いします。

3 お支払いを確認後、正式な受付完了メールをお送りします。

【お問い合わせ先】

セミナーについてのお問い合わせは、こちらのフォームをご利用ください。

※お問い合わせに関しては可能な限り即答いたしますが、回答と前後して定員になってしまうこともあることをご了承ください。

お問い合わせフォーム