6/16 速読入門セミナー

速読は必要か、どうやったら速読ができるようになるか。
長年実践してきた結果、今やっていることをお伝えします。

セミナー詳細

・6/16(木)13:00−14:20

・参加費:27,500円(消費税込)→お申し込み後3営業日以内にクレジットカード決済またはお振込み

・ご準備いただきたいもの:メモできるもの

※当日参加または録画参加ができます。
動画教材と録画参加の違い
→動画教材は、一度つくった場合、原則として再度収録はしません。
録画参加は、お申し込みいただければ、最新の動画を編集後2営業日以内にお届けします。
セミナーによりますが、動画教材よりも値段はお得です。

※クレジットカード決済については、
お申し込み後の確認メールから、
クレジットカード決済サイト(株式会社タイムコンサルティング)へ進み、
Amazonアカウントでログイン後、決済をお願いいたします。
Amazonのアカウントおよびクレジットカードの登録が必要です。
利用できるカード→Visa、Mastercard、American Express、Diners Club、JCB

※お振込みについては、お申し込み後の確認メール記載の
振込先へお振込みをお願いします。

キャンセル料 :~4日前:50% 3日前〜前日:80% 当日:100%(ご連絡なく不参加の場合も含みます)

—————————————-

速読。
速く本を読むこと。

速読は必要なのでしょうか。
ゆっくりじっくりと読まないと頭に残らないという話もあります。

ただ、私にとっては、速読は欠かせません。
これまでこのように読書をしてきました。

これ以前は、34年間、ほぼ読書をしていません。
・なぜ速読ができるようになったか
についてもお伝えいたします。

速読が必要なのはアウトプットしたい方。
話す仕事、書く仕事をする方こそ、速読が大事で、私が話す仕事、書く仕事、日々の発信を続けられているのは、速読をしているからです。
アウトプットを強化したい方は、速読に挑戦してみましょう。

また、速読ができると、調べるとき、新しいことに挑戦するとき、わからないことがあるときに役立ちます。
そういったときにすばやくインプットできるスキルがあると、効率的です。
独立後は、自分で切り開く力が欠かせません。
その切り開く力が速読なのです。

速読は、独立後習得したスキルで、最もお金につながっているといえます。
ただ、誰でもかんたんに習得できるもんではありません。
それなりの日々の習慣が欠かせないものです。
その習慣づくりについてもセミナーではお伝えします。

セミナーの内容(予定)
・速読する覚悟
・速読できる効果
・人と違いをつくるための速読
・どんな本を読めばいいのか。速読習得前、習得後の違い
・読んではいけないというよりも、目にしてはいけない情報
・本を覚える必要はない。覚えてどうする?
・本の買い方
・本の保管
・本の処分
・速読前にやること
・速読の秘訣
・速読でやってはいけないこと
・速読への批判の考え方
・速読をアウトプットへつなげるには
・速読の実演
・速読が身につくまでやってはいけないこと

 

————————

※日程の都合が合わない方は、マンツーマンの個別コンサルティングもございます。
より綿密にニーズに応えることができます。

個別コンサルティング

※セミナーの要望については、こちらのフォームをご利用ください
■セミナー要望フォーム

※セミナー情報は、ご登録いただいた方へ随時メールでお伝えいたします。
セミナー情報メルマガ

————————–

セミナーの開催方式

オンライン(Zoom)で行います。
(セミナーは、質疑応答部分を除いて録画させていただきます。)
パソコン、タブレット、スマホで参加可能です。

※参加者の方のアカウント登録は必要ありません。こちら側でセキュリティ面は最大限対策しております。
※詳細な接続方法は、入金完了メールにてお知らせします。
※チャットにてセミナー後に質問ができます。
※参加者側のネットのトラブル、予定変更等やむを得ない事情でセミナーに参加できない場合は、録画をご利用いただくことをご了承ください。

 

 

【お申込の流れ】

1 下記のフォームに、お名前、メールアドレス等の入力を
お願いいたします。
自動返信にて確認メールをお送りします。

 

2 確認メールに記載された方法で決済をお願いいたします。

3 お支払いを確認後、正式な受付完了メールをお送りします。

    お申込みになるセミナー

    7/13 Mac入門セミナー

    お名前(姓)

    お名前(名)

    メールアドレス

    参加方法

    【お問い合わせ先】

    セミナーについてのお問い合わせは、こちらのフォームをご利用ください。

    お問い合わせ

    Posted by 税理士 井ノ上 陽一