平成20年税制改正の審議開始~特例の廃止

 政府税制調査会(首相の諮問機関)にて、平成20年税制改正に向けての審議が行われています。
 焦点の消費税引き上げとともに注目されているのが証券税制。
 現在、上場会社の株を売却すると、売却益に対して10%の税金がかかります。
 この税制は、
 平成14年   26%
 平成15年~  20%
 となっていましたが、
 平成19年12月31日までの特例で、本来20%のところが10%軽減されました。
 そして、平成19年の税制改正で、その特例の期限が平成20年12月31日まで延長となったのです。
 今の税制のままだと、平成21年からは、20%の税金がかかることになります。
 業界としては、投資意欲をそぐことになるので、期限の延長、さらには恒久的に10%にすることを求めています。
 しかし、税収を増加させたい側としては・・・
 税収の増加には2つ方法があります。
 
1 税率を上げる。新しい税制の導入
  ・・・・「来年から税率があがります」

  消費税率の引き上げなどが挙げられます。
2 特例の廃止
  ・・・・「今までが特別だっただけで来年から元に戻しますよ。」 

  今回の証券税制が挙げられます。
 
 2の例は、最近にもあります。
 定率減税の廃止です。
 これも特例の廃止でした。
 今後の動向に注目したいと思います。
 
 
  
 
  
   
  
 


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』

■スポンサードリンク