【10/9-2】噂の定額小為替

81

 先程、定額小為替が必要だったため、郵便局へ。
 私自身の市民税課税証明書が必要だったのです。
 引っ越す前の市役所での交付となるので郵送で請求。
 手数料を定額小為替で送ってくださいと言うことです。
 窓口で「300円と手数料100円で400円となります。」と言われ、
 「100円も手数料かかるんですか?」と言いかけたところで、10月1日から手数料が上がったことを思い出しました。
 「ああ、例のやつですね。」と思わず言ってしまったのですが、窓口の方に「そうです。」と答えられてしまいました。
 ニュースや司法書士さんのブログで、手数料10円が100円になったというのは知っていたのですが、まさか自分にかかわってくるとは思ってなかったです。
 

Spread the love
前の記事【10/9-1】士業事務所の経営とは
次の記事【10/10-2】生命保険料控除
税理士 井ノ上 陽一
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『AI時代のひとり税理士』『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『新版 そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら