【10/16-1】地方消費税

 消費税について、日々議論されていますが、その中で気になったものを1つ挙げたいと思います。
 14日の発言ですが、「消費税のうち、地方分を2%にすべき」というものがありました。
 現在の消費税は5%です。
 この5%は、どこに納付されるかというと、その内訳は国に4%、地方に1%となります。
 今回の発言は、この1%を2%に(結果、国3%地方2%) というものでした。
 消費税の増税をせず、最近問題となっている地方間の税収格差を是正するためには、この方法は有効かと思います。もっとも、増税して、その分を地方へという声もあるようですが。
 余談ですが、税理士の消費税法の試験は、あくまで国税の試験ですので、国税4%の部分だけを計算します。
 105,000円だと、105,000×4/105=4,000と計算します。
 実務上の申告書でも、まず4%部分を計算してから、その税額に25%をかけて、地方消費税分を計算します。
 上の例だと、4,000×25%=1,000
 消費税合計は、4,000+1,000=5,000となります。
 
 
 
いつもご覧いただきありがとうございます!
応援の1クリックお願いいたします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ






ありがとうございました。これからもがんばります。 

 




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク