【12/17-2】残業

31

勤務していた時は、残業なんておかしいと常々思っていました。

 日中、だらだら仕事をして、遅くまで残る。

 遅くまで残っていると、仕事上の評価が上がる。

 早く帰ると、仕事をやる気がないと思われる。

私は、公務員、個人事業主、企業を経験しましたが、どこも同じような感じではありました。

このうちの1つは、残業手当がそこそこ出るので、かえって悪循環でしたね。


そこで、出会ったのが、(元)トリンプの吉越浩一郎さんの本です。

残業をなくすために、業務の効率化を図ったということで、今では毎日、18時半には、会社全体の電気が消えるそうです。

その吉越さんの本「デッドライン仕事術」についてきた付録がこれです。


20071217100125.jpg


独立してから、残業どころか休みなしですが、効率的に仕事ができているかは疑問です。

いろいろと考えなければならないと思います。




Spread the love
前の記事【12/17-1】時間ロス
次の記事【12/18-1】郵便
税理士 井ノ上 陽一
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『AI時代のひとり税理士』『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『新版 そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら