【12/17-2】残業

勤務していた時は、残業なんておかしいと常々思っていました。

 日中、だらだら仕事をして、遅くまで残る。

 遅くまで残っていると、仕事上の評価が上がる。

 早く帰ると、仕事をやる気がないと思われる。

私は、公務員、個人事業主、企業を経験しましたが、どこも同じような感じではありました。

このうちの1つは、残業手当がそこそこ出るので、かえって悪循環でしたね。


そこで、出会ったのが、(元)トリンプの吉越浩一郎さんの本です。

残業をなくすために、業務の効率化を図ったということで、今では毎日、18時半には、会社全体の電気が消えるそうです。

その吉越さんの本「デッドライン仕事術」についてきた付録がこれです。


20071217100125.jpg


独立してから、残業どころか休みなしですが、効率的に仕事ができているかは疑問です。

いろいろと考えなければならないと思います。





■スポンサードリンク
■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』

■スポンサードリンク