役員報酬

午後に、行政書士のS先生が事務所に来てくださいました。

情報交換と勉強会を兼ねてです。

私も会社の設立関係などについて、いろいろ教えていただいております。

今日の話題は「役員報酬」。

平成18年の税制改正でいろいろと規制が厳しくなったものです。

特に、同族会社(一族で経営している会社)の場合、役員(たとえば社長)の給与に対して、税金が余計にかかります。

給与が1,000万円だと90万円くらいの税金がかかります。

場合によっては、対策することも可能です。

1人株式会社もその対象となりますので、この制度を含めて、設立を考慮する必要があります。


その他、今後のビジネスの展開なども話し合うことができ、これから、いろいろと楽しみです。






■スポンサードリンク
■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク