退職したら・・・不動産買ったら・・・・

53

確定申告のシーズンですが、日ごろから思っていることです。

「給料をもらうだけだったら、確定申告する必要はないが、

いざ、退職したり、不動産などを買ったら、確定申告をしなければいけないっていうのは無理があるのではないだろうか? 」


アメリカのように、必ず確定申告をしなければいけない制度でもいいのではないかなと思います。

すぐに変更できるものでもないのでしょうが・・・・。


自分が申告して、いくらの収入に対し、どのくらい税金を払っているかを把握できることが理想です。

税理士としてのサポートも、ケースによりますが、そういった方向に導くべきではないかと思います。
依頼を受けて、数をこなし、計算した結果の税金を払ってもらうだけでなく、
その申告内容(収入、経費、税金)を正しく伝えることが必要ではないでしょうか?
また、依頼者側もそれを求めてもいいと思います。





Spread the love
前の記事最近気になるもの
次の記事全然うれしくない。でも…。
税理士 井ノ上 陽一
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『AI時代のひとり税理士』『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『新版 そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら