退職したら・・・不動産買ったら・・・・

確定申告のシーズンですが、日ごろから思っていることです。

「給料をもらうだけだったら、確定申告する必要はないが、

いざ、退職したり、不動産などを買ったら、確定申告をしなければいけないっていうのは無理があるのではないだろうか? 」


アメリカのように、必ず確定申告をしなければいけない制度でもいいのではないかなと思います。

すぐに変更できるものでもないのでしょうが・・・・。


自分が申告して、いくらの収入に対し、どのくらい税金を払っているかを把握できることが理想です。

税理士としてのサポートも、ケースによりますが、そういった方向に導くべきではないかと思います。
依頼を受けて、数をこなし、計算した結果の税金を払ってもらうだけでなく、
その申告内容(収入、経費、税金)を正しく伝えることが必要ではないでしょうか?
また、依頼者側もそれを求めてもいいと思います。






■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』

■スポンサードリンク