本の読み方

本を読む本 (講談社学術文庫)/モーティマー・J. アドラー
¥945
Amazon.co.jp


先日読み終わった本ですが、勝間さんの本でも紹介されていました。

読みづらいし、理解しづらい本ですが、内容的には納得がいくものでした。

1940年にアメリカで刊行された本ということです。

この本から得たものは、
1 読む本を選ぶ目を持たなければならない。読まないという選択肢も必要。

2 本により、読み方を変えなければならない。じっくり読む本、すばやく読む本。

3 点検読書(目次、表紙、帯、見出しをまず読む)が有効。

特に3は、早速試してみているのですが、効果ありそうです。

本を読む前に、表紙や、その帯、出版社のセールス文句、目次、各ページの見出し、強調してあるキーワードなどを、さっと読みます。

そうすると、全体像がつかめ、理解力と読むスピードも上がったような気がします。

似たようなもので、

・試験問題を解く前に問題用紙全体を見る。(税理士試験のときは、最初の5分はこれをやってました。)

・料理をするときは、下ごしらえをする。(前もっていためる、煮る、たれにつける)

というものがあると思います。








■スポンサードリンク
■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』

■スポンサードリンク