セミナーから得るもの

先ほどセミナー・懇親会が終了しました。
セミナーには、昨年の6月くらいから参加するようになったのですが、それまではほとんど自費で参加したことはありませんでした。
いわゆる仕事上で行かされるセミナーだったのですが、今は当然自分の意思で参加しています。
今日のセミナーでは、
「セミナーは受講者に行動させることを目的とする」
というテーマがありました。
今考えると、良かったと思うセミナーは、すべて、すぐにでも行動することができる何かを得ることができていたと思います。
仕事上で行かされていたセミナーは、単に情報を聞くだけものが多かったので、面白くないものだったのでしょうね。(自分の意思でないことも理由でしょうが。)
「セミナーを聞いたことにより、行動が変化する」
受講する側としては、当然求めていたことです。
今日のセミナーは、私にとって、これからのセミナー開催に関する大きなヒントとなりました。

■スポンサードリンク
■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク