後出しじゃんけん

びっくりすると同時にショックでした・・・。
よかれと思って,行動したことが思わぬ結果に。
後出しじゃんけんというか・・・
その条件があるのなら,承諾しませんでした。
(本業の契約の話ではないです。)
小学校の時,もっとも卑怯な手は後出しじゃんけんだった思います。
それをやってしまうと,即却下,やり直しになっていたかと。
大人になって,ビジネスの世界では,
それが通っていることも多い気がします。
たとえば,
「料金はこれだけしか,かかりません。」→「いや,これは別料金です。」
「無料で機器をプレゼントします。」→「この機能を使うには,こちらの機器が必要です。」
「うちは働きやすい職場です」→就職してみたら,残業だらけで,残業代も出ない
まあ,例えは微妙ですけど。
今回の件は,やはり却下の方向で,
その条件なら断るという提案をします。

■スポンサードリンク
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク