かたづけ士

73

今朝は、片づけから始めます。
事務所の本棚もそうですが、書類関係もちょっと散らかってますので。
ペーパーレスのはずなのに・・・・なんだか散らかってます。
昔から片づけは苦手というか、やらないタイプですが、
年齢を重ねるごとに少しずつ改善しているつもりです。
独立してからは、
1 スキャンして紙は捨てる。
2 シュレッダーではなく、文書回収システム
 (段ボールに不要な紙を入れ、回収にきてもらい溶解する)を利用
 ・・・シュレッダーだとその手間が面倒くさくて、やらない。
   シュレッダーする紙が積み上がっていくため。
3 裏紙を使わず、不要な紙を捨てる。
  ・・・裏紙にする紙、しない紙を分けるのが手間。裏紙が積み上がっていくため。
といった工夫をしています。
本は幸い収納スペースが多いので、なんとか入ってますが、
そろそろ捨てる必要がありそうです。
「その都度片付ける」というのがなかなかできないですね。
先日、交流会でかたづけ士小松易さんのお話を聞きました。
日本で唯一のかたづけ士であるスッキリ・ラボ小松さんは
個人/法人向けにかたづけコンサルティングやセミナーで活躍されています。
セミナーのお話もすばらしかったのですが、
何よりもそのビジネスモデルに感銘を受けました。
小松さんによると、
「かたづけを行うことにより、ものを探す無駄な時間がなくなる。」
ということです。
確かに整理整頓が出来ていないと、無駄に時間をロスしてしまいます。
そして整理整頓とは、
整理・・・いるもの、いらないものを区別する(捨てる)
整頓・・・いるものを使いやすいように配置する
ということでした。
整理は徐々に出来ているかも知れませんが、
整頓は、まだまだです。
かたづけ士小松さんはブログは、こちらです。→http://ameblo.jp/katadukeshi/

Spread the love
前の記事頭をやわらかく
次の記事HP・ブログの効果
税理士 井ノ上 陽一
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『AI時代のひとり税理士』『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『新版 そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら