お金の貸し借りと信頼関係

お客様から融資の相談を受けることは多いです。
私が見るポイントとしては,
借りたお金を返せるか?
ということです。
一方,金融機関側のスタンスは,
貸したお金を返してくれるか?
ということなんです。
よく友人・知人と「お金の貸し借りはしてはいけない」といいます。
返さなかったときに問題になり,
信頼関係が崩れるからだと思います。
起業する,事業を行うときなどは金融機関にお金を借りるわけですが,
やはり重要になるのは,
信頼関係かと。
経営者と担当者の人間的な信頼関係とともに
必要となるのが,
信頼できる数字・・・決算書,毎月の業績,事業計画
です。
だからその信頼できる数字を作るサポートをするところに税理士の意義の1つがあります。
お客様は,融資を受けて新たな投資を行い,
金融機関は信頼できる会社に融資を行うことができる。
このような「分かち合い」のお手伝いをしていきたいと思っています。
先日,金融機関の方ともお話し,改めて思ったことでした。

■スポンサードリンク
■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク