小説・・・。

「白昼の死角」(高杉彬光著)
という本が届きました。

□スポンサードリンク
20080820152227.jpg

株式会社武蔵野の
小山昇さんが
「私の人生を変えた本」
と書いていた本です。
興味があり注文したのですが、
小説・・・。
最後に小説を読んだのは、いつのことだったか・・・。
そもそも小説どころか、本を読む習慣もなかったですし。
裏表紙には
「日本の推理文壇において、ひと際、異彩を放つ悪党(ピカレスク)小説」
と書いてあり、楽しみではあります。
フォトリーディング向けでもないので、読むのは土日でしょうけど。