小説・・・。

「白昼の死角」(高杉彬光著)
という本が届きました。

20080820152227.jpg

株式会社武蔵野の
小山昇さんが
「私の人生を変えた本」
と書いていた本です。
興味があり注文したのですが、
小説・・・。
最後に小説を読んだのは、いつのことだったか・・・。
そもそも小説どころか、本を読む習慣もなかったですし。
裏表紙には
「日本の推理文壇において、ひと際、異彩を放つ悪党(ピカレスク)小説」
と書いてあり、楽しみではあります。
フォトリーディング向けでもないので、読むのは土日でしょうけど。


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』

■スポンサードリンク