PCの選択基準

10

日曜日にPCのディスプレイが壊れてから、
木曜日に新しいPCを買うまでの
選択基準についてです。
1 前提
持ち運びが可能なもの。
重さは1.5kg以下。
EXCEL、会計ソフト、パワーポイントなどの処理に
耐えられるもの
HDDは80G以上は欲しい。
OSはできればXP。
外出先でもネットにつなぐことができる。
バッテリーが5時間以上もつ。
保証期間3年くらい。
予算はメモリ増設すべて含めて20万弱。
(もちろん安ければいい)
今数万円のウルトラモバイルパソコン
(以下UMPC。ミニPCともいいます)と
通常のノートパソコンが候補となりました。
2 新しいPC
購入したのはパナソニックLet’s noteR8です。
値段は19万弱+ポイント37,000円。
価格.com、ヨドバシ等、直販で比較していましたが、
この値段が一番安く、保証も5年間ついています。
DVDドライブがついていないので、
ポイントで購入。
そこそこ大きいタイプですが4,980円です。
店頭では、1つ前の機種がポイントを考慮して
12万円くらいでした。
ここでも悩みましたが、2つの理由で決定です。
(1)2次キャッシュメモリ。
新は3GB、旧は2GBでした。
実質的にこの数字は処理速度に影響します。
CPUの数字のあとにさりげなく載っているだけですが。
UMPCはだいたい512Mです。
実際に使用してみると、新しいこともあるのでしょうが、
今までのPCよりも軽いです。
メモリは同じ1Gなので、このキャッシュメモリ、CPU
の差かもしれません。
(2)CPUとメモリ
新しいCPU(U9300)は、新しいメモリの規格に対応しています。
今まではDDR2という規格ですが、
DDR3というものが今後発売されます。
ですので、まだメモリは買っていません。
かなり高速ということでひそかに期待してます。
3 UMPCにしなかった理由
値段は魅力でしたが次の2つの理由で
選択しませんでした。

(1)イーモバイル
今までPCカードタイプを使用しています。
共用で使うのであれば、PCカードスロットが
あるものが好ましいです。
しかし、UMPCはそのスロットがなく、
USBタイプのみしか使えません。
となると、端末を新たに買う(3万超)、
又はプランをもう1つ契約しなければいけません。
プラン込みで100円でUMPCを買ったとしても
月々6,980×24ヶ月の縛りがありますし。
(2)性能
私の使い方では、UMPCはやはり性能が厳しいと思いました。
ネットを見る分には十分かと思います。
HDDが少なかったり、HDDが120GBあると、バッテリーが3時間
しか持たなかったり・・・。
まだまだ過渡期というイメージはありますが、
かなり売れているようですね。
というわけで4日間かかりましたが、
合間合間に考えて購入できました。
ものを買うときはいろいろ調べて買うタイプですので・・・。
ただ、DDR3メモリについては、店頭で得た情報でした。
買う予定もなかったので、出費としては痛いところですが。
データの移行もほぼ終わりました。
昨日の講習会でさっそくプレゼンデビューしてますし。
今までの1.5kg→930gとなり、かなり軽く、
小さくなったので、便利です。
キーボードの小ささはすぐ慣れましたしね。
今日、ようやく壊れた方を修理に出せそうです。

Spread the love
前の記事3h×4
次の記事最近のスケジュール管理~iMindMap
税理士 井ノ上 陽一
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『AI時代のひとり税理士』『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『新版 そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら