e-Taxの導入をどこにお願いするか

先日の経理担当者向けの研修では、
最終日と言うことで閉講式が行われました。
来賓として、税務署の方も挨拶を。
その中で、受講者である経理担当者に向けて、
「e-Taxの導入をお願いします。」と
いう話もありました。
実は研修中に、「e-Taxで申告していますか?」
と聞いたところ、手を挙げた方は0でした。(参加者数十名)
しかし、この導入を経理担当者にお願いするとしても、
経理担当者→(上司)→社長→税理士
とつながり、法人税等の申告をする顧問税理士が
最終的には動かないと意味のないことではないでしょうか。
聞くところによると、経理をやっている友人の会社にも
税務署からe-Tax導入のお願いに関する電話が来るそうです。
税理士だけでなく、直接納税者にも
お願いしているということでしょうね。
なお、e-Taxについては、
平成19年度は577万件(前年比5.7倍)で利用率は17%。
アメリカは60%、韓国は97%(法人税)ですので、
率としてはまだまだ低いですね。
このe-Tax、
個人的は24時間受付可能にしてもらいたいとは思っています。
現在は、月~金の8:30~21:00までが受付時間です。
今日は、たまたまいくつか提出したい書類が重なってます。
・新規契約のお客様の事業開始に関する届出書
・消費税に関する届出書
・源泉所得税納付に関するもの
など。
法人の申告書だけでなく、
届出書関係も提出することができるので
便利です。