VISTAとメモリ

先日購入したパソコンですが、
メモリは1ギガ。
新しいメモリ(DDR3)の発売を待っていましたが、
待ちきれず、昨日従来の形式(DDR2)のメモリを購入しました。
購入したのは、
トランセンドの2ギガメモリ(DDR2でPC2-6400)。
この6400というのがデータ転送速度で
大きいほど処理速度が速いようです。
バッファローやアイオーデータのようなメーカーだと
8,000円から10,000円しますが、
このトランセンドなどだと
2,980円で2ギガが買えます。
まあ、その分信頼性がないのかもしれませんが、
試しに。
新しいメモリが発売されたら、ちゃんとしたものを買おうと
思っています。
合計で3メガとなり、かなり快適です。
VISTAでも問題ありません。
XPにダウングレードせずにそのまま使っています。
他にも無駄なプログラムを削除したり、
セッティングをしたり、
データの最適化を行ったりしてますが。
最適化にはこんなソフトを使ってます。
(ウィンドウズにもシステムデフラグという簡易的な機能があります。)

PowerX PerfectDisk 2008 Pro
¥4,643
Amazon.co.jp

それでもメモリの性能が大きく影響するのでしょうね。
ただし、パソコンによっては、搭載できるメモリが限られているケースも
あります。
今のパソコンを購入してから気づいたのですが、
富士通のノートは最初から2ギガで
新しいDDR3メモリ搭載みたいです。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###