定額給付金11/7版~辞退者をどのくらい見込んでいるのか

昨日のニュースですが、定額給付金の動向です。
方向性としては次の通りとなっています。
(1)1人 12,000円
(2)18歳以下又は65歳以上については、+8,000円
(3)世帯の代表者が自治体に申請
(4)一定の所得以上の場合は辞退を促す
(5)年内支給予定
(6)総額は2兆円以内

どれも気になる点はありますが、
今回は(4)について。
様々な議論はありましたが、昨日の段階では
2,000万円以上の方を支給対象から外す
=辞退してもらうという方向です。
自主申請ということで、
辞退する方がどのくらいいるか
という点は気になります。
国としては、どのくらいの辞退を見込んでいるんだろうと
思い、試算してみました。
使用したデータは総務省統計局の
平成20年10月1日の推計人口。
総人口は、1億2,771万人。
×12,000円で給付金は1兆5,325億円
18歳以下(データは15歳から19歳の区分でしたので概算です。)
及び65歳以上の人口が5,156万人ですので、
追加支給分の8,000円をかけて、4,124億円
これらを合計すると、1兆5,325億円+4,124億円=1兆9,449億円

・・・予算としては2兆円程度ですので、
辞退者が1人もいなくても2兆円におさまるように
しているのでしょうか。
来週また議論が続くようですので、
注目していきたいと思います。

■スポンサードリンク
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク