2008年12月に読んだ本BEST3

2009年になってしまいましたが,
2008年12月に読んだ本BEST3です。
12月は,風邪を長引かせたり,
仕事の関係で,中旬に若干ペースが落ちましたが,
なんとか下旬に盛り返して,
自分の目標は達成しています。
経済に関する本,今後の予測に関する本を多く
読みました。
第3位

ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)/W・チャン・キム
¥1,995
Amazon.co.jp

読まなければいけない思いつつ,読んでいなかった
この本をようやく読みました。
競争の激しい既存市場に広がる
レッドオーシャンに対して,
差別化などにより優位性を発揮し,
競争のない未知の市場に広がるブルーオーシャン。
その戦略が具体例と共に書かれいます。
例としてあげられているのは,
・低価格で便数が多く融通の利くフライトを提供した
「サウスウェスト航空」
・テーマ性,芸術性をサーカスに取り入れた
「シルク・ドゥ・ソレイユ」
・10分1000円という低価格,時間短縮を実現した
理容室「QBハウス」,
などです。
レッドオーシャンで戦っていては,疲弊し,
十分な貢献もすることができなくなります。
その意味で,ブルーオーシャンを開拓することは,
新たな需要を掘り起こし,
新しい形の貢献が可能になると思います。
この本を読んで,
税理士業界にとってのブルーオーシャンは?
という問いの答えが何となく見えてきましたので,
少しずつ,実行に移しています。
第2位

この国を作り変えよう 日本を再生させる10の提言 (講談社BIZ)/冨山 和彦
¥1,260
Amazon.co.jp

㈱経営共創基盤の冨山和彦さんと
マネックスの松本大さんの共著です。
今でもブログを毎営業日更新している松本大さん。
(アメブロです。)
雑誌でその記事を見かけたのが,
私がブログを書こう思ったきっかけの1つでした。
この本の内容は,日本の現状,経済,年金,格差,貧困化に
ついての提言です。
全体のテーマとしては,
一定の人々が既得権益を守ろうとしている
ということ。
帯に書かれた文言は,
「問題の本質は,『若者の所得を収奪する
団塊世代』である」です。
政策の方向性や現状から
私も同様のことを感じており,
非常に関心をもって読むことができました。
今後の対策として,
公的年金制度の解散,
世代別選挙制度
正規社員と非正規社員の区別撤廃
なども書かれており,興味深い本です。
第1位

すべての経済はバブルに通じる (光文社新書 363) (光文社新書)/小幡績
¥798
Amazon.co.jp

12月から1月の初めにかけて,
集中的に読んでいる経済本の中でも
この本が,今の段階でもっともわかりやすく,
的を得ていると思います。
過去に崩壊したバブルと比較すると,
現在の金融危機を21世紀型のバブル
=リスクテイクバブルとされ分析されています。
そして,今回のバブルが,構造的に発生することが
必然であったということです。
利益を追求する資本主義の中で,
バブルと知りながら,引くに引けない状況であった心理
についても書かれています。
惜しいのはこの本が,2008年8月に発行されたものであることです。
その後の状況について,
著者の小幡績さんに続編を期待したい気もします。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク