【セミナー参加】何か1つ持って帰る?

2009-5-2 2nd entry
「セミナーに参加したら,何か1つ持って帰る」
よく聞く言葉です。
この「持って帰る」には,
2つの意味が含まれていると思います。
1 セミナーで聞いた内容
2 セミナーでの出会い

ただし,
これらの2つを「持って帰る」だけではなく,
セミナーで重要なことは,正確に言うと次のようなものだと思っています。
1 セミナーで聞いた内容を実践する。
2 セミナーで将来につながる出会いをする。

1の実践は,当然行うべきことです。
持って帰るだけ=「いいセミナーだった」で終わっては
意味がありません。
2の出会いは,単に名刺交換するだけではなく,
将来につながるような話が出来たり,またお会いしたいと思う方
と出会うかどうかということです。
私の場合は,仕事で関連があるかということは重視していません。
同じような意識か,又は単純に話していて面白いか?
と視点で考えています。
これは,運や縁も関係するので,
必ずしも実現するわけではありません。
あまり名刺交換に一生懸命になるのも好ましくないと思いますので,
あくまでその場の流れに任せています。
今日のセミナーは,
内容的には,1の実践はもちろんのこと,
2についても,いい出会いがありました。
セミナーには,お金も投資していますし,時間も投資しています。
だから,その投資のリターンを得ることを意識してこそ
参加する意味があるものです。


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』

■スポンサードリンク