iida G9に変えました。

2009-6-27 3rd
長らく悩んでいた携帯電話の機種変更。
ようやく決着がつきました。
購入したのはauのiida G9
docomo so703iからの変更です。
Newtype税理士 井ノ上陽一のブログ|
購入決定までの思考はこんな感じでした。
1 iPhoneという選択肢
iPhoneはかなり検討しましたが,
・ランニングコストが意外にかかる
・電話機能があまり優れていない
・モバイルSuicaが使用できない
という3点から購入を見送りました。

2 薄さ,軽さ
基本的にポケットに入れるので薄さと軽さは外せない要因でした。
120g以下のものを探していましたが,このiida G9は128g。
ちょっとオーバーしましたが許容範囲です。

3 デザイン
iPod touchを使っていると,折りたたみ式の携帯電話は
開くのが面倒くさく感じます。(私だけかも・・・)
そのため,スライド式の携帯を探していました。
タッチパネルの機種もありますが,ネット上の評判や実際に試して見た結果,
iPod touch,iPhoneほどの操作性のよさはないため,
今回は見送っています。

4 コスト
docomoで機種変更すると,5万~6万円のコストがかかります。
2年間の分割払いですが,支払う金額は変わりません。
しかも2年間同じ機種を使い続ける必要があります。
そこで,上記2,3の要件を満たすものを3キャリアすべてから探しました。
auは比較的端末の金額が安く,
携帯ショップで新規・MNP(キャリアを変えても電話番号が同じ)・一括で購入すると,
さらに安くなる場合があります。
今回は,自宅の近所の携帯ショップで購入しました。
ネットなどでも調べましたが,最安でしたので。
一時期,キャンペーンで9,800円という店もあったようです。


■スポンサードリンク
■井ノ上陽一のプロフィール

端末(一括) 16,590円
au事務手数料 2,835円
docomoへ契約解除料 9,975円
MNP手数料 2,100円
auからキャッシュバック -10,000円(公式)
商品券 -3,000円(店独自)
合計 18,500円

同じように新規・MNP・一括という条件なら,0円という機種もあります。
今はMNPもありますし,この買い方がいいかもしれませんね。

5 待ち受け時間
上記のような考えから,ほぼ条件を満たしていますが,
待ち受け時間(1回の充電で使える時間)が少ないのが残念です。
スペック上の数値は,通常500時間のところが,230時間となっています。
まあ,ワンセグやウェブを頻繁に使う方ではないし,
乾電池式の充電池を常備していますので,
何とかなるとは思います。

6 メールアドレス変更
通知するのが,めんどくさいと思っていましたが,意外とすんなり完了しました。
まずメールアドレスを変更し,その通知の設定を行います。
専用のサーバーに新端末の電話帳データをアップロードし,その中から,
通知する人を選択することができます。
まったく連絡をとってなく,今後もとらないと思う場合は,
ここで選択しなければいいということです。
初のauでもあり,新しい端末ですので,
使いこなすに時間がかかるかもしれませんが,
いろいろと触ってみるのが楽しみですニコニコ
土日のうちにマニュアルを読んでおこうと思います。


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』

■スポンサードリンク