数字を使わずに考えてみる

法人に関して節税の話になると,よくある話題です。
「借入金を返して,税金を減らしましょう」
「繰上返済をして,節税できますよね?」
という案が出ることがあります。
結論から言うと,節税にはなりません。
会計上は,「負債が減るだけで,費用は増えないから」になりますが,
会計で考えるよりもまず先に考えるべきことがあります。
それは,数字を使わずにロジカルに考えてみることです。
借入金を返済→費用が増える→税金が減る
という仮定で,
逆に借入をしたときはどうだったかを考えてみます。
上記の仮定で考えると,
返済と借入は相反することですので,
借入→収入が増える→税金が増える
となるはずです。
借入をしたときを思い出していただくと,
決して収入は増えていませんし,税金も支払っていません。
借りたときに税金は増えず,返済したときに税金が減るという
好都合な話はあり得ない話です。
何より課税当局がそのようなことを見逃すはずはありません・・。
数字を使わなくてもストーリーで考えたり,逆のケースで考えたりすると,
数字に関する問題や疑問点の解決につながることは意外と多いです。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク