資本金が多い会社は優良企業か?

資本金が多い会社は優良企業か?
というと,必ずしもそうとはいいきれません。
資本金の金額だけではその会社の財政状態は
判断できないからです。
同じ1,000万円という資本金でどのような財政状態のパターンがあるかを
みてみましょう。
Newtype税理士井ノ上陽一 大人の数字力を高めるブログ|
1 会社設立時
 資本金1,000万円の会社を設立した場合,
会社の財政状態は左の図のようになります。
預金が1,000万円資本金が1,000万円です。






2 第1期に200万円の利益が出た場合
 1の会社の第1期目が終了し,200万円の利益が出た場合,会社の財政状態は左の図のようになります。
200万円の預金が増え,預金は1,200万円となっています。(他の要素は考慮していません)










3 第1期に200万円の損失が出た場合
1の会社の第1期目が終了し,2とは異なり,200万円の損失が出た場合,
会社の財政状態は左の図のようになります。
200万円の預金が減り,預金は800万円となっています。
(他の要素は考慮していません)
4 数年経過した場合
上記の会社が数年経過した場合,左の図のようになっている可能性があります。
預金は300万円に減り,
売掛金(代金の未回収)が200万円
商品200万円
設備500万円
を所有しています。
一方で資本金だけでは足りずに800万円借入を行っています。
さらに累積の利益を表す利益剰余金はマイナス400万円です。
(会社が数年間継続した結果,累計でマイナスだということです。)
このように,同じ資本金でも,様々な財政状態があります。
資本金は会社の財政状態を示す1つの目安でしかありません。
といいつつも,中小企業では資本金のみを明らかにしている会社は多いので,
資本金の大きさで会社の優劣を判断されてしまうことも多いです。
現在は資本金が1円でも会社を設立できるようになりました。
元手があまりかからないビジネスも増えてきましたので,
会社に応じた資本金で設立することができます。
設立時は,少ない資本金でスタートし,
その後,会社の規模が拡大するに伴って,資本金を増やす(=増資といいます。)
会社も増えています。
関連記事
資本金は使っても大丈夫?
貸借対照表と損益計算書の関係
貸借対照表と損益計算書の関係その2
損益計算書だけで経営判断してはいけない


■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』