英語力とamazon kindle

昨日からkindle(キンドル)が日本でも購入できるようになりました。
(今は予約のみです)
英語力のなさを非常に悔いた出来事です。
Kindleとは
iPod(大きい方)のような形状をしており,
ディスプレイ上で本を読むことができる機器です。
現在,28万冊以上の英語書籍を読むことができます。
機器自体は,259ドル~489ドル,
本は9ドルくらいでダウンロードできます。
月額使用料等はなく,あくまで本代のみです。
Amazonで販売しています。
詳しくは,こちら
英語書籍のみ
本好きの私としては,すぐにでも購入したいところですが,
現状は,英語書籍のみです。
さすがに買えません・・・。
日本の出版社も対応する予定とのことですが,
実際にはどうでしょうか。
Kindleにより本が売れなくなると困るという考え方もあるでしょうし。
使いごこち?
読みやすいのか,一度は試してみたいところです。
常時2,3冊の本を持ち歩いている私としては,
持ち運びの面でも助かります。
ページをめくらなくてもいいので,フォトリーディングはしやすいでしょうね。
置く場所にも困らないでしょう。
英語力
英語を読む力があれば,即買えたのに・・・と思います。
実際に注文した友人もいます。
Kindleに限らず,洋書を読めると,情報量も増えますし,
英語力は,やはり必要です。
さらに最近は,英語版で便利なアプリケーションソフトも増えています。
今,日々使っているものとしては,次のようなものが英語版です。
toodoledo
 http://ameblo.jp/inoue-tax/entry-10233660499.html
evernote
 http://ameblo.jp/inoue-tax/entry-10301460162.html
これらのソフトを使っていたり,
英英辞典を使うようにしています(http://ameblo.jp/inoue-tax/entry-10310286703.html)ので,
多少,英語アレルギーはなくなってきました。
が,まだまだ実用レベルではありません。
10年くらい前に「これからはPCが使えないと,仕事にならなくなるだろう」と言われ,
実際にそういう時代になっています。
英語力もやはりこれから,ますます必要になると考えられます。
「英語力がない税理士は,仕事が受注できない」なんてこともあるかもしれません・・。
Kindle,読めなくてもいいから,試してみたいです(笑)。

■スポンサードリンク
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク