・Apple TV レビュー

昨日、買ったApple TV。
ひととおり使ってみましたので、レビューします。
EX-IT|
本体
本体はご覧の通り、非常に小さいものです。
意外と重さはあります。
裏面には、HDMIポート、光デジタルポート、電源ポート、Ethernetポート(有線LAN端子)があります。
HDMIポートは、TVやディスプレイにつなぐものであり、光デジタルポートは、ホームシアターシステムやアンプなどにつなげることができます。
有線LANの他、無線LANを内蔵しているので、メインで使うのは無線の方になるでしょう。
価格は8,800円です。
AppleRemote(リモコン)
同梱のリモコンで操作が可能です。
このリモコン、かっこいいのですが、有効範囲が非常に狭く、反応しないことがあります。
iPhone、iPadをリモコンに使うことができますので、そちらの方が使いやすいです。
「Remote」という無料のアプリを入れれば、タップで操作ができます。
しかし、リモコン、iPhone、iPadのいずれも音量調整はできません。
TVのリモコンを使う必要があります・・・・・・。
何ができるのか?
Apple TVは何ができるのか?
技術的にも非常に興味がありました。
一言でいうと、
TVで好きな音楽や動画を楽しめる端末
です。
通常だと、端末の中にコンテンツ(音楽、動画)が入っていますが、AppleTVはネット上やPCから音楽や動画をストリーミング再生(リアルタイムに再生)します。
この箱の中には何もコンテンツは入っていません。
その都度、購入したり、無料のものに接続したりします。
トップ画面は次のようなものです。
EX-IT|

○ムービー
 映画をレンタルして、みることができます。
 当然、見ることができる映画は限られていますが、家にいながら映画をTVで楽しめます。
 同様のサービスは、PS3や他の端末でもやっていますね。
 レンタル料金は200円から500円です。
 まだまだコンテンツがそろっていないので、それほど魅力ではありません。
 「上映中」で映画の予告編が観ることができます。
○インターネット
現状でメインのコンテンツはこれだと思います。
EX-IT|

・Youtube
普段、PCで観ているYoutubeもTVに写すと印象がかなり変わります。
TVのスピーカーは、PCのスピーカーよりも音質が優れていますしね。
ただ、現状では2つ難点もあります。
1つめは、Apple TV上で日本語による検索ができないということです。
対策としては、
・アカウントを作って動画を「お気に入り」に保存しておく
・iPhone、iPadをリモコンとして使い、iPhone、iPadで検索する(日本語で検索できます)
という方法があります。
2つめは、自分でアップした非公開の動画(マイ動画)も、みることができないということです。
私は甥っ子の動画などを非公開でYoutubeにアップロードしています。
両親や妹も、みることができるからです。
これらは今後のアップデートで対応するかもしれません。
Youtubeでは、PVをすべて公開したり、新曲を先行公開したりと最近話題の宇多田ヒカルのチャンネルを見たり、

Utada Hikaru Official YouTube Channel
EX-IT|
iPhoneで検索して、「テニス」のイメージトレーニングをしたりしています。
今日は夕方からテニスです
EX-IT|

・Podcast
PodcastはiTunesで見ることができる音声、動画の放送です。
直接アクセスして、みることができます。
英会話や大学の授業などの教育分野のコンテンツが充実しています。
また、AppleのKeynote(基調講演)も見ることができます。

・Flickr
Flickrはウェブ上に写真を保存しておけるサービスです。
AppleTV上でスライドショーで、みることもできます。
ただし、これも非公開の写真は、みることができないようです。
・MoblleMe
Appleのクラウドサービスです。
ウェブ上のデータを保管できるので、そのデータ(写真、動画)をみることができます。
・ラジオ
インターネットラジオを聴けます。
以上のムービー、インターネットのコンテンツは、PCを使わなくても利用可能です。

○コンピュータ
PCとiTunesでリンクし、PC内の写真や動画をTVで楽しむことができます。

とりあえず、甥っ子の写真をスライドショーで再生し、目を細めるおじさんです(^_^;)
EX-IT|
まとめ
いろいろと可能性がある機器だとは思いますが、まだまだ未完成という印象です。
iPhone、iPadの次期アップデートでiPhoneやiPadで再生したコンテンツをTVで観ることができるようになりますし、コンテンツも今後増えてくると面白い使い方ができるでしょう。
日本は、TV局が、ネット配信に消極的なのが残念です。
課金制度など問題も多いのでしょうが。
Youtubeを使えるTVもありますし、自宅で映画をレンタルできる機器も多いので、それらとの差別化も必要でしょうね。
両親に贈るなら、iPadよりもApple TVかなぁという気がしてきました。
TVで孫の動画や写真を見ることができますし。
ただ、帰省したときに設定しないといけないでしょうが。
最後に購入に当たっての注意点です。
・HDMI端子があるTV、ディスプレイでないとつなぐことができません。
・HDMIケーブルは別売りです。(Appleだと1,980円)
・画質はそれほどよくありません。ブルーレイやDVDの画質を求めるとがっかりするかもしれません。
・iPhone、iPadがないと、現在は日本語検索ができないので使いづらいかもしれません。
・持っているPCの画面より大きなTVでないと、効果は薄いと思います。
個人的には、TVでYoutubeでお気に入りの動画がみれるのはうれしいです。
今もYoutubeを流しています。
掃除やPCを使っているときに流す映像として、HDDレコーダーに録画してある番組と併用できそうです。
個人的にニュースやTV番組をなんとなくみるということを避けているので余計に活用できると思います。