・【執筆】『企業実務12月号』 会計ソフトとエクセルで月次報告資料をつくる

記事を執筆させていただいた雑誌が届きました。
今回は、『企業実務』、記事は「会計ソフトとエクセルで月次報告資料をつくる」です。
EX-IT|

EX-IT|

書籍『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』では個別の事例が多かったのですが、今回はそれらを組み合わせた応用事例を取り上げました。
A4用紙1枚に、必要な数値とグラフを盛り込んでいます。
経営資料を作る側(経理担当者、税理士事務所等)としては、見栄えのいい、経営に役立つ資料を作りたい!という思いがあります。
ただ、その資料作成に時間がかかったり、数字を間違えたりしては意味がありません。
それらを解決する方法として、Excelを使用しています。
ポイントは、一切数字を入力しないこと
会計ソフトに入力した数字をExcelに変換し、その数字をそのまま使います。
6枚のExcelシートにあるデータを関数により、1つのシートに集めます。
使う関数はVLOOKUP関数です。
【11月分の資料を作成した場合のイメージ】
EX-IT|
1度、このシートを作ってしまえば、毎月の作業手順は、次のとおりです。
1 推移表を会計ソフトからExcelにエクスポート(切り出し)する。
  累計のデータは数式で計算され、他のデータは事前に準備したものです。
2 エクスポートした推移表を単月のシート(上記のグレーのシート)に貼りつけます。
3 関数の参照先を変更する。(作成する月によって、参照先が変わるので、その数値を1カ所だけ変えます。)
基本的には、これで資料が完成します。
時間的には、5分くらいです。
グラフも、表の数値を参照しているだけですので、表の数値が変わればグラフも更新されます。
さらに「人件費」、「設備費」というように、複数の勘定科目の数値をまとめて表示できるようにしています。
EX-IT|
会計ソフトによっては予算を入力できるものもありますし、高額なシステムを導入すれば、同様のことは可能です。
しかし、その会計ソフトやシステムがなくてももExcelで作ることができます。
また、Excelだと色をつけたり、注釈をつけたり、グラフを作ったり、会社ごとにカスタマイズできます。
作成する月によっても強調したい項目は変わってくるものですし、それに応じた資料を作れます。
12/3の経理アウトプット1級認定講座では、このような経理資料作成の考え方・テクニックについてお話しします。
Excelを使って、その場で資料作成の実演もする予定です。
講座はまだ席に余裕があるとのことです。ご興味のある方は是非ご参加ください。
締め切りは今週金曜日、26日です。
お申し込み・詳細はこちらのバナーをクリックしてください。

EX-IT|
==================================

■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日、仲間内でテニスをしました。
ダブルスで4ゲーム。
スクールでバックハンドを習ったばかりだけあって、少しはバックハンドで打てるようになったかなぁという感じです。
しかし、まだまだボールをコート内に打ち返せません。
足の速さとスタミナはほめられますが(^_^;)
今日の夜は、泳ぎますニコニコ




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク