・Google+のしくみ その1 サークル

Googleが新しく提供するGoogle+(プラス)。
すでに1000万人以上が登録しているそうです。(現在は招待制です)
登録だけはしていましたが、今日の午前中に本格的に触っていました。
その結果、分かったことをまとめてみます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】
・Google+のしくみ その1 サークル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Google+とは

Googleによると、Google+は『ウェブ上の情報共有を もっと簡単に』と表現されています。
文章だけでなく、写真、動画を共有できるサービスです。
これまでのMixi、Twitter、Facebookと大きく違うのは、共有する相手を、コンテンツごとに選べることです。
例えば、
Aさん→税理士 興味:サッカー
Bさん→税理士 興味:野球
Cさん→税理士 興味:サッカー
という3名がいるとします。
税理士ならではの情報を共有するのであれば、Aさん、Bさん、Cさんを指定します。
サッカーの情報を共有するのであれば、Aさん、Cさんを指定します。
興味がないBさんにはサッカーの情報は必要ないからです。
サークルのしくみ
「Aさん、Bさん、Cさん」、「Aさん、Cさん」という組み合わせをあらかじめセットしておきます。
これをGoogle+では、サークルといいます。
情報発信者Xは、Aさん、Bさん、Cさんのサークルにのみ情報を共有することもできますし、Aさん、Cさんのサークルにのみ情報を共有することもできます。
メーリングリストのようなしくみです。
このほか、次のような設定ができます。
・あなたのサークル
 Xがサークルに入れたすべての方と共有できます。
・一般公開
 Xをサークルに入れた方すべてと共有できます。
 サークルに入れるのは、承認制ではありません。だれでもサークルに入れることができます。
 そのため、「Xをサークルに入れた方すべてと共有されてしまいます。」と表現した方が正確でしょうね。
 なお、この場合、Googleの検索結果にも表示されるそうです。
・友だちの友だちサークル
 Xのサークル内のユーザー全員と、そのユーザーのサークルメンバー全員に公開できます。
【Google+の入力画面】
EX-IT
まとめると次のような図になります。
EX-IT
Twitterだと、情報は基本的に一般公開で、情報を受け取る側が、どの情報を取得するかを選択します。(リスト機能)
Facebookは友達申請をOKするかどうかで、やはり情報を受け取る側が、どの情報を取得するかを選択します。
(特定の方の情報を表示しないようにすることは可能です。)
Google+は、情報を発信する側が、誰にどんな情報を共有するかを選択します。
使い方によっては、面白い使い方ができると思います。
このサークルについて、3つのブラウザで3つのGoogleアカウントを使って、いろいろと実験してみました。
明日以降、記事にしていきます。
=========================

■スポンサードリンク
【編集後記】
実は、今、プールに行くことができません。
先週、中耳炎になったからです・・・・・・。
大人になってからの中耳炎ってこんなに痛いものとは(^_^;)




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク