・自己分析ツール〜ストレングスファインダー,エニアグラム,鑑定,動物占いなど

自分がどういう人間か,何にむいているのか?を知るために自己分析ツールを使うことが多いです。
自己分析ツールというと,たいそうなもののように感じられますが,ネット上で気軽にできるものもあります。

ストレングスファインダー
2年前くらいに試してみたストレングスファインダーは,ネット上で180個の質問に回答することにより,自分の強みを知ることができるツールです。

この本に記載されているIDが必要となります。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす/マーカス バッキンガム
¥1,680
Amazon.co.jp

この結果は非常に興味深く,ビジネスやプライベートでのその後の考え方や行動に大きな影響がありました。
5つの資質は,「自我」,「学習欲」,「回復志向」,「個別化」,「収集心」でした。

当時のブログ記事はこちらです。
さあ,才能(じぶん)に目覚めよう(その1)~ストレングスファインダー

エニアグラム
エニアグラムとは,質問に回答し,9つの特性のどれに当てはまるかを診断するものです。
こちらは,5番「研究者」でした。キーワードは,「分析力」,「独立独歩」,「集中力」などです。
ネット上では,こちらで 分析できます。

幼少の頃
幼少の頃に人の本質が現れるということを聞きます。
母親がよく言うのは,「一人で遊んでいた」「手のかからない子だった」「何でも分解したり,裏返してみていた」などです。
なんかあまりかわいげのない子どもですが・・・。
自覚しているのは,小学校5年生くらいまで,リーダーシップをとったり,人前に進んで出るタイプではありませんでした。そちらが本質なのか,今の自分が本質なのかはわかりません。

鑑定
先日,ハッピーコーディネーターみさきのゑさん に鑑定していただきました。
そこで出たキーワードは,「自尊心が高い」「独立心」「革新」「自由人」「アイデアを活かした仕事,文筆家」「こつこつ」などです。
かなり腑に落ちる結果でした・・。

動物占い
友人の影響で,先日,久しぶりに動物占いやってみました。
「ひつじ」というのは知っていたのですが,このサイト では,表面キャラ,意志決定キャラ,希望キャラ,隠れキャラという視点からも判断されます。
私の場合,表面キャラ,意志決定キャラ,希望キャラが「ライオン」で,隠れキャラが「猿」でした。
「ひつじ」は人に本心を見せない,クール,寂しがり屋らしいです・・・。寂しがり屋の方は自覚がありませんが・・・。
ただ,ブログなどで表現されているのは表面キャラの「ライオン」だと思います。
動物占いは自己分析ツールかどうかは疑問もありますが。。。

気軽に,いろんな角度から自己分析をしてみると面白いです。
「ああ,やっぱりなぁ」ってところがあるかと思います。


■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』