日頃使っている英単語は46。Excelマクロに英語力は不要。

Excelマクロを使うには、英語でプログラムを書かなければいけません。
といっても英語が得意である必要はなく、必要最低限の単語と構文がわかれば大丈夫です。

マクロ英語

プログラムは英語

マクロを使うときに、次のようなプログラムを書きます。

Worksheets(“Sheet1”).Range(“a1”).value=worksheets(“Sheet2”).Range(“a3”).value

「シート「Sheet1」のセル「A1」の値は、シート「Sheet2」のセル「A3」の値である」という意味で、Sheet1のA1に、Sheet2のA3にある「5」を入れるプログラムです。
スクリーンショット 2013 08 14 10 40 22

この場合、Worksheets、Range、Valueという3つの単語と、構文の形がわかっていれば、プログラムは書けます。

「Sheet1のA1に、Sheet2のA3の値を入れてください」という日本語を英語に訳そうとすると、ちょっと考えてしまうでしょうが、英訳の必要はないのです。
ちょっとした単語と構文を覚えれば後は、組み合わせでなんとかなります。

英語力というより、単語や構文を論理的に組み合わせる能力の方が必要だと思っています。

抵抗感をなくすことは必要

もちろん、英単語に対する抵抗感をなくすことは必要です。
そのためにプログラムを書いてみることが欠かせません。
マクロの本を読んで、へこんでしまった方は、書いてみるとまた違ってくるでしょう。

私がマクロセミナーで、どんどん書いてもらうことを実践してもらうのもそういった理由からです。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


逆に英語ができるからといって、プログラムがかけるわけでもありません。

プログラム、マクロの適性というものがあるかどうか考えることがありますが、少なくとも英語力は関係ないと考えています。
プログラムを書くのに必要なものが論理的に考える力とだとすると、理系でも文系でも関係ないでしょうし、むしろ文系に向いているともいえるでしょうね。
(私も文系です)

私がExcelマクロで使っている単語46

私は日々マクロを使ったり、セミナーでお伝えしたりしていますが、プログラマーではありません。
それほど高度なことはやってませんし、多くの方からみたら、「もっとかっこいいプログラムがある」と思われるでしょう。
業務効率化、繰り返しの仕事を楽にすることが目的で、プログラムの技術を高めることを目的にしていないからです。

また、使いやすさ、覚えやすさを重視し、プログラム、英単語への抵抗感を減らすために、セミナーでも書籍でも、できるだけ使う単語、構文を少なくすることを心がけています。
(今書いている書籍では、がっつりマクロを取り扱います)

「日々のどのくらいの英単語を使っているのだろう」と書き出してみました。
※必要に応じて大文字に変わってくれますので、すべて小文字で書いています。

activesheet
activeworkbook
add
after
application
as
cells
clear
column
columns
copy
count
delete
dim
dim
displayalerts
each
end
false
filename
for
if
long
msgbox
name
next
Open
paste
range
row
rows
save
select
selection
set
sort
string
sub
then
to
true
value
workbook
workbooks
worksheet
worksheets

漏れもあるでしょうが、46個です。
タスク管理のマクロは特殊なものを使っているので、それらを入れると増えますが、それでも100くらいでしょう。
しかも、英語の試験のように暗記しなくてもよく、コピペOK、カンニングOK、間違えても直せばOKです。

英語が理由でマクロに抵抗がある方もぜひ、一度挑戦してみていただきたいと思います。
8/17のセミナーは今日(8/14)の23:00に締め切らせていただきます。
入門セミナーは、残席2名、初級セミナーは残席4名です。入門・初級をセットで受講することもできます。





■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日は、お盆特別企画でExcel相談会を開催。
(参加者は税理士受験生、かつメルマガ読者に限定させていただいております)
Excelのどこで困っているか、どう使っているか、使いたいかについてヒアリングしつつ、解決策をお話ししました。
その内容は、ブログやセミナー、書籍でフィードバックしていきます。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク